スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山県の高等学校

岡山県立岡山朝日高等学校

20130608-1.jpg

岡山市中区古京町2-2-21

藩校の流れをくむ旧制中学校(1874年(明治7年)創立)を前身とする。

1948年(昭和23年)の学制改革の際に、新制高等学校「岡山県立岡山第一高等学校」となり翌1949年(昭和24年)に高等女学校を前身とする「岡山県立岡山第二女子高等学校」と統合され、「岡山県立岡山朝日高等学校」(現校名)となった。

旧制第六高等学校跡に立地しており、当時の建物では、書庫・柔道場・プール・校門が現存している(ただしプールは老朽化が激しいため使用されていない)。いわゆるナンバースクールである旧制高校の跡地を新制高校が使用しているのは岡山朝日高校が全国で唯一である。

20130608-2.jpg


岡山県立岡山操山中学校・高等学校

20130608-3.jpg

岡山市中区浜412

1900年(明治33年)創立の「岡山県高等女学校」と1921年(大正10年)創立の「岡山県第二岡山中学校」を前身とする。

2002年(平成14年)に岡山県立の高等学校としては初めて併設型中高一貫教育を開始した。2010年(平成22年)に創立110周年を迎えた。


岡山県立岡山大安寺高等学校

20130608-4.jpg

岡山市北区北長瀬本町19-34

1962年 - 岡山五校の3校目として、岡山県立岡山大安寺高等学校を設置。

校名は、当校所在地が大和大安寺の所有する荘園だったことにちなんで名づけられた。また、大学を受験する3年生の合格祈願を目的に毎年、大安寺へお参りに行くなど、大安寺との交流も盛んに行われている。

2008年12月19日に岡山県教育委員会から2010年度(平成22年度)より当校を中学・高校に区分せずに一貫した6年制教育を行う「中等教育学校」に再編することが発表された。新校名は岡山県立岡山大安寺中等教育学校となることが決定となった。


岡山県立岡山芳泉高等学校

20130608-5.jpg

岡山市南区当新田51-1

1974年(昭和49年) - 岡山県立岡山芳泉高等学校創立。

岡山市南区当新田にある県立高等学校。岡山五校の一つ。










スポンサーサイト

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。