不動産の鉄則&近代建築物

[1127-20170920]
DIY賃貸

賃貸住宅で部屋の壁の色を塗り替えたり、棚を取り付けたりすることを借り主に認める物件が増えてきた。入居者が自分の好みに応じて小幅な改修ができるのが魅力で「DIY(日曜大工)」物件とも呼ばれ、貸主には空き家の解消につながるとの期待がある。入居希望者は若者や子育て世帯が多く、地域の活性化にも役立つ取り組みとして注目されている。通常の賃貸住宅に課される退去時の「原状回復」の義務が一定の範囲で免除される。壁に「くぎを打つ」「塗装を変える」といったあらかじめ定めた項目については改修を認め、入居時と同様の状態に戻して退去する必要がない。若い夫婦や子育て世帯からの要望が多い。

20170920.png
プリンストン大学 【USA】

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック