スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の鉄則&近代建築物


[1125-20170722]
空き家・空き地対策
空き家・空き地は人口減少や高齢化の影響で増加する中、空き家は直近の13年で過去最高の約820万戸に達したようです。さらに最近は空き家・空き地が小さな敷地単位でばらばらに発生している。こうした低未利用空間の散在を放置すれば新たな民間都市開発投資を呼び込めなくなったり、居住環境の悪化を招いたりする恐れが大きい。こうした流れを打開するには空き家・空き地を含む低未利用地の所有者に有効活用を促す行政機関による認定支援制度の創設が必要かもしれない。その内容は設整備にかかる費用負担を税財政や金融面で軽減する優遇措置の導入等が挙げられる。空き家・空き地の発生予防では、職住集約型のコンパクトシティーづくりを誘導する改正都市再生特別措置法がすでに制度化している。官民一体となった有効活用が重要になるでしょう。

20170722.jpg
インペリアル・カレッジ・ロンドン 【UK】

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。