不動産の鉄則&近代建築物


不動産の鉄則&近代建築物

[1119-20170508]
世界の不動産投資ランキング、東京は6位に
2016年6月までの1年間で世界の不動産投資額は、開発中も含めて、前期比0.5%増の1兆4,000億ドルに上ることが米不動産投資会社「クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド」の調査からわかった。都市ごとの投資額に関しては、ニューヨークやワシントンDC、ボストンといった東海岸の主要都市が伸びを見せている。東京は下がったものの、アジアから唯一上位に。20年の夏季五輪が徐々に近づいてくる中、今後の伸びが注目される。
1位 ニューヨーク:826億ドル/+8.5%
2位 ロサンゼルス:408億ドル/+9.8%
3位 ロンドン:394億ドル/-31.2%
※不動産投資先としては世界屈指の人気を誇るロンドンだが、ブレグジットの先行き不透明感が足かせになった。
4位 サンフランシスコ:305億ドル/-5.7%
5位 パリ:257億ドル/+9.0%
※ブレグジット騒動でロンドンへの投資額が落ちる中、フランクフルトと並んで投資が集まっている。
6位 東京:255億ドル/-35.8%
※20年の夏季五輪・パラリンピックを控え、都市中心部の再開発が進んでいることからも今後も資金の流入が見込まれる。
7位 ワシントンDC:205億ドル/+9.1%
8位 シカゴ:190億ドル/-2.9%
9位 ダラス:180億ドル/+8.7%
10位 ボストン:178億ドル/+16.3%

ハーバード大学 【USA】
20170422-3.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック