スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の鉄則&近代建築物(大阪市編)

不動産の鉄則&近代建築物(大阪市編)


[1070-20141109]
マンションの高圧一括受電サービス
マンションの高圧一括受電サービスにより全戸にスマートメーター(次世代電力量計)を設置することで節電につなげる動きが活発化しつつあります。
⇒電力費が高騰する中、マンション管理組合は積極的に検討してみましょう。
PT361076.jpg


[1069-20141109]
人気エリアで注意すること
『人気マンションが生まれる街はここだ!』等のマンション等不動産販売特集記事は、マンション等不動産業者が売りたい人気エリアにすぎない場合があることも注意しなければならない。
⇒第三者発行するの不動産人気エリア分析等と比較検討し総合的に判断する必要があります。
PT361077.jpg


[1068-20141109]
公立学校の木材利用状況調査結果
2013年度に新築された公立学校施設全1242棟のうち、75・4%(936棟)で木材が使用された。木造面積が工事面積の過半を占める木造施設は20・5%(254棟)、床や壁など内装だけが木質化された施設は54・9%(682棟)だった。木材の83・7%(約2・3万立方メートル)が、国産材だったことも判明した。
⇒木材は波長的にも体に良いとされます。地産地消で木材の有効活用がこのような形で増えることは良い傾向でしょう。願わくば意匠的にも近代建築を復活させてもらいたい。
PT361081.jpg


[1067-20141109]
建設業の特許資産規模ランキング
企業の特許資産を質・量両面から総合評価する「特許資産規模」で建設業を対象に13年4月~14年3月の1年間に登録された特許を対象に集計を行った結果、1位は2年連続で大成建設となった。2位は大林組、3位に新日鉄住金エンジニアリングが続いた。大成建設は、地盤改良範囲を低減するために開発した床付け以深に粘性土がある地盤に適用可能な土留め壁と施工方法に関する技術が特に注目を集めた。大林組は、日特建設、住友電工スチールワイヤーと共同で保有する地震発生時にコンクリート構造物が安定を保つようにする補強方法が注目度の高い技術に挙げられた。新日鉄住金エンジニアリングは二酸化炭素(CO2)の回収・貯留技術が評価された。
ランキングは次の通り(カッコ内は特許登録件数)。▽1位=大成建設(270件)▽2位=大林組(283件)▽3位=新日鉄住金エンジニアリング(198件)▽4位=鹿島(196件)▽5位=東芝エレベータ(181件)▽6位=旭化成ホームズ(129件)▽7位=竹中工務店(178件)▽8位=清水建設(202件)▽9位=ミサワホーム(148件)▽10位=トヨタホーム(133件)
⇒企業選定に際しては、その企業にしか出来ないどのような技術つまり特許を持っているかを調査する必要もあります。
PT361086.jpg


[1066-20141109]
国交省はクラウドファンドで街づくり支援
クラウドファンディングは、ツイッターやフェイスブックといったインターネットの交流サイトを通じて事業者と投資家を結び付け、少額ずつ資金を集める方法。新たな資金調達手段として近年普及してきた。同手法の普及は政府の成長戦略「日本再興戦略」にも位置付けられている。国交省は15年度、この手法を活用して古民家の改修などを行う民間事業者を財政・技術両面で支援する自治体に対し、施設整備費の一部補助や専門家派遣によるコーディネート支援を始める。15年度予算要求(国費ベース)にはそのための費用として3億円を計上している。地方都市にある小・中規模の古民家や空きビルなどを宿泊施設や商業店舗に改修・改装する場合、費用は数百万円規模にとどまるケースが大半。金融機関などからの大口の融資は期待しにくく、空きビルなどの活用が進まない一因になっている。そこで国交省は小口資金を呼び込みやすいクラウドファンディングの手法に着目した。投資家にはリニューアルした施設の収益を還元するほか、宿泊券や商品券を配って来訪してもらい、街のにぎわい創出にも貢献してもらう。
⇒古民家を訪日外国人旅行者用のゲストハウスに改修するような数百万円程度の施設整備に民間資金を呼び込む等が主流となるようです。資金調達方法として検討してみましょう。
PT361087.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。