不動産の鉄則&近代建築物(大阪市編)

不動産の鉄則&近代建築物(大阪市編)

[1065-20140915]
物流拠点をどこに確保するか?
物流拠点の確保を検討する企業は、物流拠点から一定時間内に到達可能なエリアを客観的に自動算出し地図上に表示するナビゲーションアプリなどを利用し最適の物流拠点の候補を絞り確保することが必要不可欠となるでしょう。
⇒時間、距離、経費等を総合的に検討する必要があります。
PT361027.jpg


[1064-20140915]
外国人留学生倍増
政府は2020年までに外国人留学生を倍増させる計画で、実現には「相当数の宿舎を整備する必要がある」と指摘。日本人学生と交流する施設面の工夫も必要だとしています。具体的には、大学が整備する宿舎・交流スペースへの国庫補助や民間住宅の確保支援、PFIによる宿舎整備の指導助言などを求めております。政府は、少子化に伴い学生が減少する中で、高度な知識を持つ外国人材を確保するため、優秀な外国人留学生を増やす方針。現在13・5万人の留学生を20年に30万人まで拡大する計画のようです。日本学生支援機構の調査によると、外国人留学生の23%が学校が運営する宿舎など公的な宿舎に入居し、残りの77%が民間の宿舎やアパートで暮らしている。
⇒民間家主もこの流れを理解の上、積極的に外国人留学生に賃貸すれば空室率も下がり良いことと思いますが・・・。
PT361029.jpg


[1063-20140915]
学校と公共施設の複合化
学校と公共施設の複合化は人口減少と少子化の進展を踏まえ必要不可欠なものとなるでしょう。まずは学校と公民館や高齢者向け施設などを複合化をするための整備手法や支援策がどうなるのか見逃せない。財政負担の軽減や地域コミュニティーの活性化は勿論のこと地域社会全体で子どもの教育に関わることができる環境が整えられることが大切でしょう。
具体的には複合化によって少子化に伴い発生した空き教室を他の用途に有効活用したり、老朽化に伴う建て替えや改修を契機に他の公共施設と一体化することでコンパクトシティーの形成が期待される。文科省は学校のあり方として併設した高齢者向け施設の利用者と児童・生徒が触れあう教育上の効果を期待しているようです。
⇒学校を基点に地域コミュニティーの活性化が広がっていく街の再形成を見据えた不動産流通を考えることが大切でしょう。
PT361032.jpg


[1062-20140915]
学校の長寿命化改修
公共施設の約4割を占める学校施設にとって効率的かつ効果的な老朽化対策の実施は緊急の課題となっています。特に厳しい財政状況に置かれる自治体などでは、建築後40年程度で建て替えるという従来の概念を転換した「長寿命化改修」の普及が求められています。文科省では、学校施設の長寿命化改修の具体的な手法をわかりやすく解説した地方公共団体向けの手引きを作成するなど、普及・啓発を図ってきたが、長寿命化改修への一層の理解促進を目的に専門家の“直接派遣”を実施に移すことにしたようです。
⇒これからの建設業者は学校に留まらず長寿命化改修に真剣に取り組む必要があるということでしょう。スクラップ&ビルドの時代は終焉しております。
PT361033.jpg


[1061-20140915]
太陽光発電の高機能低コスト化の目標
経済産業省は太陽光発電の発電コストは2030年には現在の3分の1以下に抑える方針を示しました。具体的には太陽光発電の高機能化や低コスト化を進め、1キロワット時当たり23円かかっている発電コストを20年に14円、30年に7円まで低減することを目指すようです。更に潮力や波力などの海洋エネルギーを利用した発電技術もコストを抑えることで実用化につなげる方針で実用化時に1キロワット時当たりの発電コストを40円以下に抑えられる設備を開発する目標を立ています。
⇒卒原発の為に技術力を総動員してもらいたいものです。
PT361037.jpg

PT361089.jpg


PT361039.jpg
旧 朝日新聞ビル


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック