不動産の鉄則&近代建築物 奈良県の教会建築

不動産の鉄則&近代建築物 奈良県の教会建築

[1040-20140428]
マンション住人の高齢化
国土交通省によるマンションの所有者や管理組合を対象とした2013年度調査の結果、世帯主の年齢は60歳以上の割合が50.1%になり、前回の08年度調査から10.7ポイント上昇。マンション住人の高齢化が加速しています。少子高齢化の結果と言えばそれまででしょうが、この現状を踏まえてこれからの不動産流通に地域介護など何が必要なのかを考察することが大切でしょう。
20140428-1.jpg
奈良天主堂


[1039-20140428]
建設工事費が急騰する中でのコスト削減法
労務単価や資材価格の上昇による建設工事費が急騰する中、東京都の自治体の中には限られた予算で公共施設の整備・改修を着実に進めるため従来は外注してきた改修工事の設計や、簡単な改修の作業を職員が自前でこなす事例が出てきました。民間ではホームセンター等で誰でも出来る改修工事の指導を受けたり、現役を退いた高齢の職人さんにお願いしたりするなどコスト削減は緊急の課題ですね。
20140428-2.jpg
日本カトリック教会 大和八木教会


[1038-20140428]
「新しく造る」から「賢く使う」
総務省は「公共施設等総合管理計画」の策定を都道府県知事と政令市長に要請、公共施設の老朽化対策が課題になる中、「新しく造る」から「賢く使う」ことに発想を転換し、施設の全体像を把握し、更新、統廃合、長寿命化などに計画的に取り組むことで、財政負担の軽減や公共施設の最適配置を実現するとのことです。今更とは思いますが大切なことです。民間は勿論のこと海外の知恵もどんどん取り入れる必要がありますね。
20140428-3.png
奈良基督教会


[1037-20140428]
『新しい東北』の創造に向けた5つの提言
政府の復興推進委員会は、「『新しい東北』の創造に向けて」と題した提言をまとめました。「新しい東北」に向けて設定した五つの社会像を踏まえて、施策の方向性を提示したものです。提言で示した五つの社会像は、
1.元気で健やかな子どもの成長を見守る安心な社会
2.「高齢者標準」による活力ある超高齢社会
3.持続可能なエネルギー社会(自律・分散型エネルギー社会)
4.頑健で高い回復力を持った社会基盤(システム)の導入で先進する社会
5.高い発信力を持った地域資源を活用する社会
特に3と5に関しては、日本全国どこにでも必要な開発コンセプトとなるでしょう。
20140428-4.jpg
カトリック奈良教会


[1036-20140428]
宅地建物取引士
自民党が議員立法で今国会への提出を目指す宅地建物取引業法改正案の概要が明らかになりました。宅地・建物の売買契約の際に「重要事項説明」などを担う宅地建物取引主任者の役割と責任が増大している現状を踏まえ、その名称を「宅地建物取引士」に格上げ改称。宅地・建物取引の専門家として担う業務の規定を新たに設けることが柱。取引士には、消費者が中古住宅を安心して取引できるようワンストップサービスを提供するなどの役割を持たせることを想定している。不動産流通の質の向上の為にも是非実現してもらいたいものです。投資と言う観点からは不動産コンサルティングマスターの分析力等の役割が高まるでしょう。
20140428-5.jpg
橿原ルーテル教会
 
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック