不動産の鉄則&近代建築物 兵庫県の教会

不動産の鉄則&近代建築物 兵庫県の教会

[1030-20140308]
医療施設の配管設備
医療施設は、通常の建築物に比べ2倍程度の設備配管が必要とされる。通常のRC梁は、貫通孔を設けて設備配管を通すため、医療機器の入れ替えやレイアウト変更などで竣工後に配管ルートを変えようとしても、柔軟に対応することが難しいことを踏まえ構造設計の検討をしなければならない。
20140308-1.jpg
日本基督教団神戸教会


[1029-20140308]
世界の大学の東北再生への提言
東北再生への提言でハーバード大大学院(米国)は、被災地で機動的に医療活動を展開する移動可能診療所などを提案した。これらの事業に資金を提供するため、国や東北の自治体が出資する東北開発庁の設立が必要としている。クイーンズランド大(オーストラリア)は、津波の影響を受けにくい沖合で浮動式沖合漁業プラットホームを開発し漁業、観光など多様な施設の建設と備蓄庫を兼ねた避難灯台の整備も提案した。国内だけでは見ない提言を幅広く世界にも求めることは有意義なことでしょう。巨大防潮堤を張り巡らせるだけで海が全く見えなくなるのも寂しい。
20140308-3.jpg
カトリック夙川教会


[1028-20140308]
中小建設会社の海外展開支援
国土交通省は、地方・中小建設会社を対象とした「海外展開経営塾」を開催、既に海外に進出している企業の経営者から体験談を聞くことで、海外進出する際の知識を共有する場として役立ててもらうことを趣旨としている。「経営層」であれば幅広く参加できる。日本の建設技術は世界で十分通用しますが経営となるとカントリーリスクを十分に調査しなければなりません。大手追随型なのでしょうが・・・。
20140308-4.jpg
カトリック夙川教会


[1027-20140308]
ツーバイフォー(2×4)工法による木造5階建ての耐火建築ビル
都心一等地の狭小敷地(敷地面積59・69平方メートル)にツーバイフォー(2×4)工法による木造5階建ての耐火建築ビルが完成した。外壁建て起こし工法(ジャッキで垂直に建てる外壁建て起こし工法)で現場では足場やクレーンを使わずに施工、パネル工法を併用して工期短縮も図った。2×4工法による木造5階建ての建物は都内では初めてで1階に喫茶店、2階から上に高齢者向け賃貸住宅などが入る。狭小敷地有効活用の選択肢の一つとなるでしょう。
20140308-5.jpg
日本基督教団神戸栄光教会


[1026-20140308]
借り主負担改修型の賃貸借契約
国土交通省は、空き家として放置されているケースが多い個人住宅の賃貸流通を促すための指針案をまとめました。主に需要が少ない地方都市にある個人住宅の所有者を対象に、通常は貸し主が契約前に行う修繕などを借り主に行ってもらう代わりに家賃を安くする「借り主負担改修型」の賃貸借契約を推奨し、賃貸による空き家の解消を促します。空き家が放置されたままの状態が続くと景観や治安などに悪影響を及ぼす可能性が高く放置された個人住宅の賃貸流通がこのような形で活性化できれば老朽化建物の有効活用にもつながります。貸主と借主のメリットを整理することが重要でしょう。
20140308-6.jpg
宝塚カトリック教会
 
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック