不動産の鉄則&近代建築物 豊中市の教会

不動産の鉄則&近代建築物 豊中市の教会


[1010-20131111]
分譲団地の高齢化に伴う5つの課題
1.今の住戸はバリアフリーでない
2.今の住戸は高齢者の一人住まいで不安である
3.今の住戸は一人では広すぎる
4.今の住戸の建物の耐用年数はまだまだある
5.今の住戸の資産価値では住み替えは難しい
20131111-1.jpg
カトリック豊中教会


[1009-20131111]
分譲団地の高齢化に伴う5つの解決策
1.バリアフリー住戸を団地内に建てて住む
2.高齢者単身者などが集まって住む
3.今の住戸を子育て用の住戸として利用者に譲るか貸す
4.今の住戸を売るか貸して収益を得る
5.今の住戸から得る収益の範囲で団地内で住む
20131111-2.jpg
カトリック千里ニュータウン教会


[1008-20131111]
団地内に新たな高齢者用住戸を建設する為の5つの条件
1.管理組合が建設する
2.入居者の希望に合わせて建設する
3.木造平屋建てなどで安価に建設する
4.生活支援などのサービスを導入する
5.共生の仕組みを取り入れる
20131111-3.jpg
石橋聖トマス教会


[1007-20131111]
団地内に新たな高齢者住戸を建設する為の5つの工程
1.企画を立てるための合意形成
2.企画に沿った事業計画と参加者募集
3.資金計画とコミュニティ運営計画作成
4.総会による合意形成
5.建設及び運営開始
20131111-5.jpg
日本キリスト教団豊中教会


[1006-20131111]
団地内に新たな高齢者住戸を建設する場合の展望
基本的には不動産事業になるので管理組合の事業部門として整理して税務申告することになる。ただし、入居者が管理組合員に限定するなどで家賃も低く抑えられ、いわゆる事業収益の出ない場合は運営については課税の対象から外れる場合もあるので、税務署との要相談となる。これまでのマンション管理組合や団地管理組合の業務は、建設されたものを維持管理するというスタンスで行ってきましたが、今後は環境を改善するのみでなく資産も含めて向上させることが重要となるでしょう。
20131111-6.jpg
東豊中聖ミカエル教会

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック