不動産の鉄則&近代建築物 伊勢・神宮徴古館(三重県)

不動産の鉄則&近代建築物 伊勢・神宮徴古館(三重県)


[985-20130813]
古い空家の修繕・解体を求める条例
古い空き家が放置され、倒壊や放火を懸念する声が相次ぐ中、東京都足立区、埼玉県所沢市などは所有者に修繕・解体を求める条例を制定しました。空き家問題というと地方のイメージが強いかもしれませんが、首都圏でも空き家が増えており、看過できない問題になっているようです。防犯上の対策としては勿論のこと、行政側としても所有者に手放すか?有効活用させることにより財政収入を上げるよいチャンスになるわけです。所有者にしても空き家のまま放置し固定資産税を支払い続けることはマイナスの資産を持ち続けることとなりよろしくないわけです。
20130813-4.jpg


[984-20130813]
構造設計者の過失責任
元請け建築設計事務所から依頼を受けて構造計算を行った建築士(以下、構造設計者)の計算ミスを理由に、マンションの管理組合が損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁は2011年3月24日付で損害賠償を認める判決を下した。建築物のコストは構造設計によって高くもなり安くもなる。施主からすれば見えない部分であり構造偽装事件もまだ記憶に新しい事件です。元請責任とは別に構造設計者にまで損害賠償責任があるとなると構造設計者も過失責任保険に加入する必要性が出てきますね。この部分のコストアップはやむを得ませんかね。
20130813-3.jpg


[983-20130813]
住まい選びの6大項目
従来、住まい選びの3大要素は「価格」「立地」「間取り」でした。今後はそれらにプラスして「地震」「環境問題」「資産価値の低下」という3大リスクに備える必要があります。
20130813-1.jpg


[982-20130813]
大学が保育園を運営
阪大は男女共同参画を含む「多様な人材活用」を重要課題とする中、その一環として吹田キャンパスに続き豊中キャンパスにも大学が管理・運営する保育園が設置されることになりました。吹田キャンパスでは2008年、それまで教職員が自主的に運営していた保育園が大学の運営に切り替えられました。図書館やレストランや博物館やセミナーハウス等を広く一般に開放する大学の隣接地は住宅特級立地と言えるかもしれません。
20130813-5.jpg


[981-20130813]
スマートメーター(次世代電力計)
某マンション大手デベロッパーは分譲マンションの各戸にスマートメーター(次世代電力計)を設置し、電化製品を分散利用すると電力料金が1割程度安くなるシステムを導入するようです。よいことですので他社も追随するでしょうしもっと安くなるようなシステム開発に期待が集まるでしょう。
20130813-2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック