不動産の鉄則&近代建築物 グラバー邸(長崎市)

不動産の鉄則&近代建築物 グラバー邸(長崎市)

[965-20130506]
Facebook
個人のみならず足立区では、区の魅力を広く発信しようと世界標準のフェイスブックの運用を始めたようです。区内の開花状況や施設の情報、災害時の情報やイベントや講座の開催、募集案内、混雑状況、お得な情報等を発信するとのこと。Facebookの活用は今後あらゆる分野で展開されるでしょう。勿論、不動産の分野でも。
グラバー邸
20130504-1.jpg


[964-20130506]
行政による空き家バンク制度
岩手県一関市は5月から定住人口を増やし地域を活性化するため、市内の使われていない住宅を移住希望者らにインターネットで紹介する「空き家バンク制度」をスタートするとのことです。宅建業者に仲介を依頼していない物件に限り、所有者から同意書などの提出を受け、市職員が現地確認を行ってからサイトに掲載後、売買や賃貸の契約については、不動産業者が仲介するようです。詳細の流れは別としても震災復興につながることを願うとともにこのような行政の働きかけは全国の過疎化が進むエリア等でも今後実施されそうですね。
オルト邸
20130504-2.jpg


[963-20130506]
望まれる木材利用
安価な輸入材に侵食され国内林業がすっかり疲弊する中、その再生策の一つとして国が2010年に施行した公共建築物木材利用促進法に基づいて「木材利用方針」を策定した市区町村がようやく1000自治体を超えたようです。促進法は、国が低層階の庁舎や学校などの公共施設を建設する場合は木造とするよう明記。自治体にも木材利用方針を定め、林業振興を支援するよう求めています。木造建築は耐火性や耐震性、あるいはコストの面から課題がありましたが、技術の進歩などから難点は解消されつつあり最近ではむしろ、木造のぬくもりやコンクリート建築物と比べた場合の温度変化などの観点から見直しの動きが進んで、特別養護老人ホームの木造化も広がっています。国内の木材自給率は1964年の輸入完全自由化前、70%以上あった。それが2011年は26.6%で森林の荒廃が進む中、国は「森林・林業再生プラン」で木材自給率を20年には50%まで引き上げる意欲的な目標を掲げています。産業としての林業振興だけでなく、豊かな自然風土や水源かん養、二酸化炭素吸収といった側面からも、行政がまず率先して国産材の利用促進に取り組むべきでしょう。震災復興において宮古市は昨年、従来の補助制度を拡充し、被災者が地域木材を使って住宅を再建すれば、1棟当たり60万円を補助しております。人口が多い都市部の自治体が積極姿勢に転じなければ、木材の利用は伸びませんが耐震・耐火性能さへ確保出来れば住宅は木造がよろしいでしょう。マンションにおいても木製内装材を豊富に使いたいものです。
リンガー邸
20130504-3.jpg


[962-20130506]
箕面森町にスポーツ系大学誘致
箕面森町(水と緑の健康都市)は大阪府が土地区画整理事業の事業主体となって1995年に都市計画決定、99年に着工、当初は人口1万6500人を予定していましたが、バブル崩壊や絶滅が心配されるオオタカの生息が確認されたことで計画人口を9600人に縮小しました。この度、学校法人履正社が大阪府箕面市にスポーツ系の大学を開設する計画をまとめ府、箕面市と基本協定を結んだようです。同市北部のニュータウン「箕面森町」に約12万6000平方メートルの用地を取得し、スポーツ指導者やトレーナー、体育教員を養成する4年制の「履正社大学」(仮称)を2015年春に開校させる計画です。結果、最適の土地活用になったと言えるかもしれませんね。
ウォーカー邸
20130504-5.jpg


[961-20130506]
マンション共用部分の節電事業
日立製作所はマンション向けの省エネ支援サービス事業に参入するようです。施設内にエネルギー管理システム(EMS)を設置。居住者が消費電力を確認して節電したり、共用部分の照明や空調を制御したりすることで、最大2割程度電力使用量を減らせるとのこと。経済産業省が3月末に導入した補助金制度を活用、先行するオリックスは今年度から年2万戸への導入を目指す予定。電気料金の引き上げで高まる消費者の節電需要は今後増加の一途をたどり参入業者も増えるでしょう。
三菱第二ドックハウス
20130504-4.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック