不動産の鉄則&近代建築物(和歌山県)

[895-20111123]
外壁検査の自走式ロボット
タワーマンションで大規模修繕を行う為に外壁検査を無人で行う自走式ロボットが開発されました。従来の外壁検査は、足場を組み人手で行っているが、無人ロボットがバルコニーにつかまりながら、外壁のひび割れなどの異常を1カ所ずつたたいて確認し、画像データも記録するようです。建物の高さは200メートルまで対応可能で、居住者のプライバシー確保や検査期間を4分の3程度まで短縮できるようです。落下物の安全対策に万全を期さなければなりません。外壁大規模修繕費の見積用ロボットも必要でしょうね。
◆関西電力高津尾発電所
K881


[894-20111123]
御堂筋イルミネーション
御堂筋イルミネーションとは、大阪のシンボルである御堂筋のイチョウをイルミネーションで装飾することにより、世界に類を見ない景観を創出し、美しい光のまちとして、人々をひきつける賑わいをつくり、大阪全体の活性化を図るものです。今年度は昨年度より500m延長し、日本最長の約1.9kmで実施するようです。また、隣接する中之島ではOSAKA光のルネサンス2011(外部サイト)も開催されます。神戸のルミナリエと共に年末の大イベントとなります。東日本の復興を京阪神の地から願うものとなるでしょう。
20111121.jpg
◆和歌山県庁舎
K882


[893-20111123]
リノベーションの業務提携
賃貸仲介大手のアパマンショップホールディングスと住宅設備大手のLIXILは1賃貸アパート・マンションのリノベーションに関係する建築商材などの提供について、業務提携の協議、検討を開始することを合意したようです。リノベーションに関しては品質は勿論のことコストパーフォーマンスを実現してもらわなければなりません。
◆旧和歌山無尽本店
K883


[892-20111123]
共生型賃貸集合住宅とは
学生向けマンションの企画開発や仲介、運営管理を手掛けるジェイ・エス・ビーは、高齢者住宅事業にも参入するようです。1 高齢化社会の進展を踏まえ、従来の賃貸仲介事業に加えて高齢者住宅事業を開始します。また、一括借り上げした物件を、学生と高齢者が共に暮らす「共生型賃貸集合住宅」に転用する方針も掲げ、オーナーへの提案に力を入れるようです。この厳しい経済情勢下、老若男女が一緒に住まうことはとても大切なこで高齢者マンションや学生マンションに特化するよりも望ましいことかもしれません。
◆旧西本組本社ビル
K884


[891-20111123]
微小発破による新しい解体工法
大型基礎などの鉄筋コンクリート部材を、できる限り少ない爆薬を用いてブロック割する工法が開発されたようです。一般的には大型ブレーカによる打撃を繰り返すことで破砕します。しかし、ブレーカ工法は、大きな打撃音、振動、粉塵などが連続的に発生するという問題点があり、工事現場周辺への環境負荷の小さい解体工法が求められていました。大型重機が不要なことから騒音・振動・CO2発生量が小さく、効率的な作業性を実現した「微少発破による切断工法」と言えるかもしれません。安全面の確保と隣接建物への影響が100%なくコスト面でもダイナミックに削減できるのであれば採用していくべきかもしれません。
◆田辺市中部公民館
K885

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック