不動産の鉄則&近代建築物(広島県)

[805-20110822]
建築家とつくる住宅のチェックポイント10
【1】主婦が若返り美しくなれるか(疲れない動線)
【2】家族の誰にとっても居心地がよいか(居場所)
【3】寿命が延びそうか(健康)
【4】家相も生かしているか(心理的な要素)
【5】地震に強そうか(安全面)
【6】狭くても広く使えるか(狭楽しく)
【7】家族の関係がいいか(間取り)
【8】親と子夫婦両方が得か(同居)
【9】最後までわが身を支えてくれそうか(安心自立)
【10】家のメンテナンスが行き届くための(主治医)となるか?
※建築家 天野彰氏より
【3】に追加して、天然素材による人体に心地よい波動や地熱利用を入れときましょう。
◆広島市平和記念聖堂
K791


[804-20110822]
米国不動産市況
全米不動産業者協会(NAR)の発表によると、4~6月期の一戸建て住宅の販売価格中央値は調査対象150都市のうち109都市で下落しました。差し押さえ物件が割引価格で売却され、不動産価格の低下につながったことが背景。住宅価格を押し上げようと、政府は差し押さえ住宅の転用方法についてアイデアを公募すると発表しました。オバマ政権は政府系住宅金融機関(GSE)が保有する大量の差し押さえ物件を賃貸住宅として転用する方法について、投資家を対象に案を募っています。
◆広島市郷土資料館(旧陸軍缶詰工場)
K792


[803-20110822]
空き家・空き地の有効活用を工夫しなければなりません
今年が市制施行40周年の生駒市は、新興住宅地として発展し人口は3倍以上増えて12万都市に成長しました。しかし、高齢化が急速に進む中、空き家・空き地が防犯や景観面で悪影響を与え始めています。そのような中、生駒市は「空き家・空き地対策検討委員会」を立ち上げ対策に本腰を入れるようです。このような傾向は、生駒市に限らず全国各地で起きてくるでしょう。一件一件、空き家・空き地の有効活用を工夫しなければなりません。
◆福屋百貨店
K793


[802-20110822]
変更登記や更正登記
登記簿・建物所在図・公図を閲覧して、その建物の位置や敷地と公道の接しかたを調査する必要があります。もし、登記簿上の表示と敷地・建物の現況とが違う場合、売主に変更登記や更正登記をしてもらわなければなりません。
◆広島市立本川小学校平和資料室
K794


[801-20110822]
戦後復興期の集合住宅
戦後の復興期に先進的な設計で建てられた4階建て集合住宅「京橋会館」(広島市南区京橋町6)が老朽化のため取り壊されることになりました。京橋会館は県住宅供給公社が昭和29年に建設。日本では珍しい中庭を持つ「ロの字形」のモダンな建物で、1・2階が店舗兼住宅、3階と4階が集合住宅(計約100戸)になっていますが、再生する道はなかったのでしょうか?残念なことです。
◆京橋会館
20110821-1.jpg

20110821-2.jpg

20110821-3.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック