不動産の鉄則&近代建築物(群馬県)

[795-20110811]
中東の再生可能エネルギープロジェクト
アラブ首長国連邦(UAE)で、太陽光発電・太陽熱発電・太陽熱冷房・風力発電といった再生可能エネルギー関連のプロジェクトが一斉に立ち上がっているようです。同国は石油資源を豊富に持つもののそれは外貨獲得手段として温存する戦略をとっています。日本もこれを参考にするべきでしょう。
◆桐生明治館
K781


[794-20110811]
バルコニーからの眺望を確保した耐震補強
バルコニーに補強用のブレース(筋交い)を設置せずに耐震補強工事ができる建築技術を開発されたようです。地震の揺れを吸収する制振ダンパーを組み合わせた部材で耐震性を高める。この部材は2フロアを1組にして、廊下側に配置する。バルコニーからの眺望を確保し、居住性アップさせる点に注目が集まりそうですね。
◆東武鉄道館林駅
K782


[793-20110811]
堺市の津波避難ビル指定
堺市は南海地震で想定してきた2倍の高さの津波が襲来すると仮定した場合、浸水面積は従来の5倍の約1500ヘクタールに拡大するとの検証結果を発表しました。市は今年度内にビル100棟を新たに津波避難ビルとして指定するなどの対策を講じる。
◆群馬大学工学部
K783


[792-20110811]
使用貸借契約による使用権
建物所有者と土地所有者が違う場合、その建物だけを買う場合には敷地の権利を確認することが絶対条件です。もし、その権利が使用貸借契約による使用権であるなら、きわめて弱い権利ですから建物を買い取っても、すぐ敷地の所有者から明け渡しを求められる羽目になります。
◆桐生倶楽部会館
K784


[791-20110811]
守秘義務協定書(CA)
M&Aにおいて内部資料の入手にあたって、先方(売手)から守秘義務協定書(CA)の差し入れを要求されるのが普通です。売手が極めて高度な技術に関する情報を開示する場合は、より厳密な守秘義務協定書の差し入れを要求される場合もあります。
※CA:Confidentiality Agreement
◆絹撚記念館
K785

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック