2011年、一枚の写真で近況報告

2011年、一枚の写真で近況報告


[35-20110926]
20110403.gif
脳科学のトリビア・オードブル式プレゼンテーション
台風が相次ぎましたが如何お過ごしですか?ここ数日ですっかり秋めき衣替えの季節となりました。
さて、10月1日(土)の六稜トークリレーのご案内です。
今回は“脳科学のトリビア・オードブル式プレゼンテーション”と少々難しそうなテーマですが
講師の先生には、脳CTスキャンの初期の経験から我々が日常経験する現象について
アマチュアの切り口で最近の脳科学を紹介して頂きます。
そろそろ物忘れから認知症のことを気にする年代となりました私にとりましても
予防する為にもしっかりと勉強したいと存じます。
詳細は、下記をご覧下さい。一般公開ですからお気軽にご参加下さいね。
http://www.rikuryo.or.jp/activity/talkrelay/wp-content/uploads/2011/10/a1fa1d63b396ee0670f9b38e33e7db9f.jpg
20111009.jpg
講師の山本智英氏には脳とは?に関して大変興味深く語って頂きました。つい最近までは目から入った画像が脳に映し出され、それが何であるかを認識するのは、脳の中に小人がいたという笑いの中、まだまだ解明されない分野であることも理解出来ました。20世紀を代表する天才、アインシュタインの脳の構造・成分はどうなっているのか?知らなかったが専門家によって解剖されたようです。その時のエピソードは聞くに堪えがたいものでしたが面白かったです。結局、○○○?という成分が人よりも多いという事実は判明したようです。音楽を極めた人の脳は、脳と脳の繋ぎの部分が異常に発達しているとか?盛りだくさんの内容でした。これ以上の研究は、狂牛病でおなじみの異常たんぱく質“プリオン”をさわることになるので誰も怖くて研究しないだろうとのことでした。少なくとも私はしませんねと括られました。


[33-20110829]
20110403.gif
巨大災害に備え、巨大災害から立ち直るには
残暑が続きますが皆様、いかがお過ごしですか?次回六稜トークリレー(9/3)のご案内です。
「阪神淡路大震災」から16年を経過した今年、「東日本大震災」が発生しました。その被害と巨大さについては想像を絶するものでした。関西圏でもそれと同程度か、それ以上の被害をもたらす「東海・東南海・南海地震」の発生が心配されます。こうした巨大災害に備える為には、何が必要なのか、そして何ができるのか?そして巨大災害から立ち直るには?これらについて語られます。詳細は、下記をご覧下さい。
http://www.rikuryo.or.jp/activity/talkrelay/wp-content/uploads/2011/09/TR89-110903.jpg

台風12号が接近中の為、9月3日(土)のトークリレーは中止、
2012年5月12日(土)に延期となりました。
20110903.png

室戸台風の再来かと警戒しておりましたが、高知県安芸市に上陸後、徳島県、香川県を通過し瀬戸大橋当たりを渡り岡山県倉敷市に再上陸。大阪府では強風域に入りかなり風が強かったですが、暴風域に入りしばらく静けさが続いた後、激しい雨に見舞われました。速度が遅く大型で約3日間に渡り猛威をふるった台風12号でした。台風の影響で和歌山県や奈良県などで土砂崩れなどの被害が相次ぎ、全国でこれまでに11人が死亡、26人が行方不明になっています。風の被害よりも記録的豪雨による被害が相次いでおります。この度の台風で犠牲になられた人々のご冥福を心からお祈り致します。
20110904.jpg


[32-20110816]
残暑お見舞い申し上げます。
京都の伝統行事「五山送り火」が行われ、東山・如意ケ嶽に燃え上がる「大文字」。岩手県陸前高田市の「高田松原」の松に震災被災者らが書き込んだメッセージは、京都産ヒノキの護摩木に書き写され燃やされた=16日
時事通信 8月16日(火)21時46分配信
20110816.jpg
放射線汚染物質は農作物から下水汚泥に至るまで拡がっておりますが、この度の高田松原の松も例外ではありませんでした。悲しいことですが日本国民はこの現実を直視して生きていかなければなりません。この猛暑を乗り切り願わくば、脱原発のエネルギー路線で頑張っていかざるを得ないでしょうね。


[31-20110802]
20110403.gif
健康でいられることは、平和であることが最大の条件
訃報ですが“日本沈没”でも有名な小松左京氏が亡くなりました。謹んでお悔み申し上げます。左京氏が想定していた通り今、日本は3.11の東日本大震災から本格的な地殻変動期に入ったのかもしれません。天災は避けることは出来ませんが、備えることで人災は避けなければなりません。そのような中、次回のトークリレーは大阪は環状線[玉造]から歩いて10分もかからない場所にある旧真田山陸軍墓地をテーマに日本の近代戦争史に関して語られます。戦争を知らない世代の皆さんも戦争の悲惨さを知ってもらい後世に伝えていただく為にも是非ご参加下さい。健康でいられることは、平和であることが最大の条件です。
詳細は、下記をご覧下さい。
http://www.rikuryo.or.jp/activity/talkrelay/wp-content/uploads/2011/08/TR88-110806b.jpg
大阪夏の陣で奮闘した真田幸村の難攻不落の郭があった場所としてはなんとなく知っておりましたが、このような場所にこのような大規模な陸軍墓地があったとは知りませんでしたが、講師の中原充雄さんには各ブロックに分かれた御慰霊の亡くなられた経緯など語って頂き近代戦争史を違った角度から勉強させて頂きました。残念な事は、終戦直後の軍部の暴発によりアメリカ軍捕虜の数名がこの墓地の入り口左側の空き地で惨殺されたことです。戦争というあってはならないもので亡くなられた多数の御慰霊のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
20110809.jpg

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック