【緊急】東日本大震災に伴う住関連支援情報など-20

【緊急】東日本大震災に伴う住関連支援情報など-22
今日で震災から100日になります。
この度の大震災で犠牲になられた数多くの人々のご冥福を心よりお祈り致します。
被災地の皆様の一日も早い復興を大阪の地より毎日お祈りしております。 Zen塾長
20110618-0.jpg
Yahooニュースより


[145-20110618]
みなし仮設住宅
被災者が入居する民間の賃貸住宅を自治体が借り上げ、国と自治体で家賃を負担する「みなし仮設住宅」の契約が増えています。被災3県で6月初めに1万8千戸を超え、3県で建てる予定の仮設住宅5万2200戸の3分の1に達しました。岩手県は8日、200戸だった予算を2千戸分まで増額しました。いったんみなし仮設に入居した被災者は原則、仮設住宅に転居することはできず、仮設住宅の着工戸数のさらなる見直しを迫られる可能性もあります。
(asahi.com)
★フクシア
20110618-1.jpg


[144-20110618]
都内の約100カ所で放射線量を測定
東京都は8日、都内の約100カ所で放射線量を測定すると発表しました。都の担当者は「専門家が性能の高い測定機器で調べた数値を出してほしいとの要望が区市町村側からあり、都が実施することにした」と話しています。15日から始めます。
(毎日JP)
★フクシア
20110618-2.jpg


[143-20110618]
工場など無償提供
盛岡市は東日本大震災で被災した県内外の企業に市所有の産業用地や貸工場などを無償提供すると発表し、入居募集を始めました。罹災(りさい)証明がある企業と東京電力福島第1原発事故で政府から避難勧告等の指示が出ている地域内の事業所が対象で、6カ月から2年間入居できます。
(岩手日報)
★フクシア
20110618-3.jpg


[142-20110618]
沿岸地の避難場所は学校から高層ビルへ
東日本大震災で津波が甚大な被害をもたらしたことを受け、横浜市は、沿岸地域のビルを避難場所に活用することなどを視野に、避難のためのガイドラインの見直しを始めています。市は、震災時に市民が真っ先に避難する場所として、小中学校を「地域防災拠点」に指定していますが、沿岸地域に立地している拠点もあり拠点の運用の見直しが課題として上がっていました。
★フクシア
20110618-4.jpg


[141-20110618]
浦安市液状化・被災マンション支援
浦安市は東日本大震災の被災者に対する、独自支援制度を正式発表し、新たに上下水道などが被災したマンション管理組合に対し、3000万円を上限に補修費の3分の1を補助する方針を明らかにしています。マンションの復旧については、戸建て住宅に比べ、国や県に支援の枠組みがなかったが、6月の定例市議会で審議されます。同市はすでに住宅の建て替えなどで、最高100万円の補助を出すなどの支援策を明らかにしています。早ければ7月上旬から申請を受け付け、43マンション管理組合に対し、約10億円、戸建住宅に約24億円の計約34億円の支援を見込みます。※どれだけの復旧費用が問題となります。
(毎日JP)
★フクシア
20110618-5.jpg


[140-20110608]
緑のカーテンで節電&復興
東日本大震災で津波や原発事故の被害を受けた福島県南相馬市。復興を目指す同市の農家が、ゴーヤの苗やプランターなどをセットにして首都圏などに向けて販売、「緑のカーテン」を育ててもらう取り組みを始めた。6月上旬の出荷開始を目指し、急ピッチで種苗の生産を進めています。夏の電力不足が予想される首都圏などの節電対策になる一方、農家にとっては新たな収入源となります。
(産経ニュース)
★ヘアリー・チャービル
20110608-1.jpg


[139-20110608]
浦安市の液状化被害補助
東日本大震災で市内の約85%が液状化による被害を受けた千葉県浦安市は、国や県の支援とは別に、被災家屋の修復に最大で100万円を独自に補助する方針を固めました。支援の対象外だったマンションへの補助も検討しており、事業費は30億円を超える見通しです。
(asahi.com)
★オルラヤ グランディフローラ
20110608-2.jpg


[138-20110608]
復旧で社有林資源を無償提供
大手商社の三井物産は国内有数の社有林の資源を活用し、東日本大震災の被災自治体に、仮設住宅用の建材を無償で提供する方針を明らかにしました。仮設住宅の早期建設を後押ししたい考えです。今後1年間で最大1万2000本のヒノキなどを伐採し、仮設住宅の土台の杭(くい)として使われる丸太3万6000本を用意します。
(YOMIURI ONLINE)
★ユリノキの花
20110608-3.jpg


[137-20110608]
太陽光発電の拡大策
大阪府の橋下徹知事は太陽光発電の拡大をはかるため、住宅やマンションを建てる際に太陽光発電パネルの設置を義務付ける構想を明らかにしました。設置費用について「社会の中でグルグル回すような形にすべき」と述べ、電力を買い取ってもらった収入で、設置費用を回収してもらうアイデアを示しました。マンションは戸数に応じた「負担金」の支払いを求め、その資金を既存住宅のパネル設置の助成にあてる計画を披露しました。橋下知事が示した試算では新築住宅とマンションは年間計約8万戸。1戸あたり、発電量4キロワットのパネル設置を義務付ければ、年間の発電量は原子炉0・05基分に相当するという。
(産経ニュース)
★ヤマボウシ
20110608-4.jpg


[136-20110608]
仮設のグループホームとデイサービス
岩手県は被災した高齢者や障害者を対象にした仮設のグループホームとデイサービス施設の概要を発表。第1弾として今月中にも大槌町の仮設住宅団地4カ所で、グループホーム5棟、デイサービス1棟の計6棟を着工します。
★クロバナロウバイ
20110608-5.jpg


[135-20110606]
コミュニティーケア型仮設住宅
釜石市は、敷地内に介護や子育て拠点を併設し、高齢者の孤立防止や地域交流につなげる「コミュニティーケア型仮設住宅」の建設を計画しています。東京大学・高齢社会総合研究機構の提案を踏まえ早ければ6月末に入居が始まる見通しです。
(毎日JP)
★ポリジ
20110606-1.jpg


[134-20110606]
国の支援制度などには
東日本大震災で自宅マンションが被災した人たちのための国の支援制度などには、被災者生活支援法により最大で300万円、災害救助法に基づく応急修理制度では最大で52万円を受け取れます。共有部分の損壊については、自室とは別にマンション管理組合として申請できます。
(河北新報社)
★ホタルブクロ
20110606-2.jpg


[133-20110606]
ふるさと納税を活用した基金
岩手県釜石市の野田武則市長は23日の記者会見で、東日本大震災からの復興の主要事業として、ふるさと納税を活用して基金を設置し町づくりの財源としたり、市内の保育所、幼稚園に通う約830人の保育料を1年間無料にするなどと明らかにしました。
※ふるさと納税(2008年6月26日)生まれ故郷や応援したい自治体などに寄付をすると、居住地の個人住民税などが軽減される仕組み。寄付額5千円以上が対象で、住民税額の約1割を上限に、寄付額から5千円を除いた額が住民税などから差し引かれる。寄付金の使途は各自治体が任意で決めることができます。
(共同通信)
★ベニバナバイカウツギ
20110606-3.jpg


[132-20110606]
浦安市の液状化被害補修に関して
東日本大震災で市域の4分の3にも及ぶ深刻な液状化被害を受けた浦安市は、被災住宅の補修に1棟あたり最大100万円を独自補助する方針を固めました。6月8日開会の市議会に関連予算案を提出する予定。国や県の制度では対象外のマンションについても支援を行う方針。同市では、住宅約8500棟が液状化被害を受けました。内訳は全壊12棟、大規模半壊1396棟、半壊1911棟など。
(YOMIURI ONLINE)
★クジャクサボテン
20110606-4.jpg


[131-20110606]
液状化被害
東日本大震災による首都圏の液状化被害は、神奈川を含む1都5県の計64市区町村で確認されたことが、神奈川新聞社のまとめで分かりました。臨海部の埋め立て地を中心に住宅の傾斜や道路の沈下などが出ています。被害面積は東京湾岸だけで「世界最大」とされ、広域的な被害が出た茨城などを含めると範囲はさらに拡大します。一方、復旧は余震の懸念などから進んでおらず、1万2千世帯以上が被災した千葉や想定外の内陸住宅地で発生した神奈川などで健康への影響を訴える声が相次いでいます。
(神奈川新聞)
★レモンの花
20110606-5.jpg


TOSSYの花日記より

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック