不動産の鉄則&近代建築物(東北復興祈願)

[705-20110518]
IPPとPPS
東日本大震災の影響による電力不足をカバーするものの一つとして期待されているのがIPP(Independent Power Producer)です。JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)にある売電専用の火力発電所(PANA)IPPとは独立系発電事業者と訳されます。たとえば、製鉄業や製紙業などの一般事業者が工場内で操業している自前の火力発電所などを使って、電力会社へ電力の卸供給を行う場合などを指します(なお、同様のケースでも自由化された範囲で一般需要家に売電する事業者はPPSと呼ばれる)。欧米では日本に先行してIPPが導入されています。
◆金透記念館(福島県)
K690金透記念館


[704-20110518]
洋上風力発電
米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「洋上風力発電の市場調査:市場将来性と課題、技術動向、関連企業情報、世界の生産能力、収益予測 - Offshore Wind Power:Market Opportunities and Challenges, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Capacity and Production Revenue Forecasts 」のプレスリリースにおいて、洋上風力発電への投資額は、今後数年間増加し2011-2017年に4.1ギガワットから70.1ギガワットと約17倍に増加するだろう、との予測結果を発表しました。
◆JR白河駅(福島県)
K691JR白川駅


[703-20110518]
コンビニは海外へ
ファミリーマートは2020年度までに中国の24都市で8000店舗を展開し、4500億円の売上高を見込む計画を発表しました。ファミリーマートはベトナム、タイなどへの出店も進め、20年度に全世界で4万店を展開する計画です。国内のコンビニは飽和状態で海外へ急ピッチで進出していく時代になりました。
◆白河ハリスト正教会(福島県)
K692白河ハリスト正教会


[702-20110518]
まちづくり環境運動
市内の住宅開発地を巡って、法制度を検証しようと、市民団体「まちづくり・環境運動川崎市民連絡会」が「乱開発現地ツアー」を開いています。マイクロバスを使って、川崎北部を中心とした開発現場を見学し、まちづくりのあり方を参加者ともに問い直すのが目的といいます。「開発を巡る問題は事業者と周辺住民の民・民の問題として捉えられがちだが、建築や都市計画の法制度に問題があり、変えないと解決できない」と指摘します。
◆旧西白河郡役所(福島県)
K693旧西白河郡役所


[701-20110518] 
マンション管理組合向けに共用部設備リース提供
三協立山アルミはオリックスと提携して全国のマンション管理組合向けに共用部のサッシやドア、手すりなどの改修設備をリース方式で提供することを始めました。修繕積立金の不足により外壁や屋上防水といった修繕に比べて設備改修が後回しになったり、最終的には改修工事を見合わせる現状が多いことから、オリックスのリース機能を活用して設備改修時の費用負担を軽減するプランを管理組合に提案します。リース契約期間は36~120カ月。管理組合側の月額負担は、アルミサッシのリースの場合で1戸当たり2800円から、玄関ドアは同980円から、手すりが同1400円からを想定しているが、実際のリース料金は商品仕様や工事内容で変動します。
◆郡山合同庁舎
K694郡山合同庁舎

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック