不動産の鉄則&近代建築物(東日本編)

[570-20110124]
地上デジタル放送への完全移行まで半年
地上デジタル放送への完全移行まで半年です。総務省が先月行った調査で、最も対策が困難とされたビルの陰の影響を受ける地域では、98%の世帯が対応できることが分かりました。また、新たな受信設備の設置が難しいとされたマンションやアパートなど集合住宅でも、96%の世帯が期限までに対応が可能だということです。
◆川崎定徳本館(東京都)
K490川崎定徳本館

[569-20110124]
住まい安心支援ネットワーク
埼玉県は、県内の住宅関連事業者団体や自治体などと連携し、子育て世代の住宅確保や高齢者、外国人の入居を支援する「住まい安心支援ネットワーク」を立ち上げた。県住宅課は「街の活力を失わないためにも、若い世代を埼玉に呼び込んで定住につなげたい」と話している。
◆旧前田公爵邸洋館
K491旧前田公爵邸洋館


[568-20110124]
戸別の太陽光発電で売電可能な賃貸マンション
近く戸別に太陽光発電システムを利用できる賃貸マンションが完工する。入居者は戸別に電力会社と契約して売電でき、室内に設置された専用モニターには発電量や二酸化炭素(CO2)削減量が表示される。季節や天候に左右されるが、1戸当たり月3千~4千円の売電が見込まれるという。更なる開発が進むと推測されます。
◆旧開智学校(松本市)
K493旧開智学校


[567-20110124]
学生による団地再生
昨年夏から秋にかけ、関西の7大学8学部の建築学生が、築50年超のテラスハウスを改修し団地の住戸内をオフィス兼用ににしたり分譲マンションやオフィスビルにもするユニークな実験に取り組んだ。UR都市機構の中宮第一団地(大阪府枚方市)で解体予定の住棟を、自らハンマーを振るって改修しました。“教材”は、1956(昭和31)年に入居開始の2階建てテラスハウス(鉄筋コンクリートとコンクリートブロック造)。壁を共有する長屋で、2DK40平方メートルが八つ並ぶ。各戸に庭がある。素晴らしい試みであり流れであると考えます」。
◆安楽園(横浜中華街)
K494安楽園(横浜中華街)


[566-20110124]
商業ビル屋上貸し菜園
買い物がてらに手軽に野菜作りを楽しめるという、名古屋エリアの商業ビル屋上としては最大規模の貸し菜園が4月にオープンする。貸出区画は50。1区画面積は5.5平方m。申し込みは2月10〜3月31日まで先着順。特徴点としては▽野菜作りを楽しむ基本的な用具と肥料などの資材が備え付けてあり、手ぶらで来てもОK▽アドバイスをするサポートスタッフの週3回訪問がある▽植え付け講座や間引き菜パーティー、収穫祭などのイベントを定期的に開くことなどがある。今後この展開は増えると予測します。
◆旧勧銀ビル(松本市)
K495旧勧銀ビル(松本市)


[565-20111024]
「建築基本法(仮称)」の制定を視野に入れて議論
国土交通省は住宅はマンション、オフィスビルなど建築物の質の向上に向けた「建築法体系勉強会」を新設する方針です。安全性など住宅やビルなどを建築する際の基本的な理念を示す「建築基本法(仮称)」の制定を視野に入れて議論する。
◆旧近藤賢二別邸(神奈川県)
K499旧近藤賢二別邸


[564-20110124]
古住宅の成約価格上昇
東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が1月20日まとめた首都圏・2010年の不動産流通市場動向によると、中古住宅の成約価格上昇が鮮明となったようです。
◆松本市旧司祭館
K500松本市旧司祭館


[563-20110124]
築40年マンション急増
首都圏の分譲マンションストックに関する新たな分析結果ですが、築40年を超える物件が現在は1300件程度だが10年後には約7倍の9300件(約65万戸)に達するという。マンションは築40年を超えると急速に老朽化が進む為、大規模修繕工事の早期実施が望まれます。
◆東京都庭園美術館
K502東京都庭園美術館


[562-20110124]
世代間交流を深めるために「子ども文庫」
住民の高齢化が進むマンションで子育て世帯を孤立させないため、京都市右京区のハイツが「子ども文庫」を敷地内に設置した。住民でつくる管理組合が今月から毎月第3日曜に開き、マンション以外の地域住民にも開放する。「世代間交流を深め、互いに顔の見える関係を築く場」を目指す。このように具体的に実践することが重要です。
◆小石川植物園本館
K503小石川植物園本館


[561-20110124]
産農産物直売所
商店街協同組合は、空き店舗を改装して産農産物直売所を開設する動きがあります。閉店した店も増えている商店街の活性化、街中から八百屋さんが姿を消して困っている「買い物難民」対策、市内の農業振興の“一石三鳥”の効果を狙った取り組みです。
◆名古屋市市政資料館
K504名古屋市市政資料館

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック