不動産の鉄則&近代建築物(日本の大学編)

[440-20101201]
不動産市場に関して
金融市場と比較して不動産市場では、参加者の限定性、情報の非対称性、権利調整や物件管理、資金調達能力等から、市場特有の価格の歪み(ギャップ)が存在します。これらの歪みの中に潜在的な収益機会を捉えることが出来るとも言えます。
◆東京大学
K183東京大学6

[439-20101201]
裁定取引とは
買い手が限定される「賃貸中」の分譲マンションを取得し、テナントの退去まで保有後、幅広い顧客に提供できる「空室」の分譲マンションとして売却することです。バリューアップや再生といった「付加価値型」ではなく、市場間の価格ギャップを見極め、その価格差に投資する「マーケットメイク型」のビジネスモデルです。
◆東京大学
K184東京大学7

[438-20101201]
ソリューション事業とは
資産価値の低下した賃貸マンション、オフィスビル等を取得し、改装・改築により価値を高め、不動産ファンドや投資家へ売却する事業のことです。
◆東京大学
K187東京大学10

[437-20101130]
地価動向報告に関して
国土交通省が26日発表した全国主要都市の10月1日時点の地価動向報告によると、調査対象150地区のうち、横ばいは前回(7月1日)より20地区多い61地区でした。下落した地点は前回より18地区少ない87地区に減少しており、住宅地を中心に地価の下げ止まり傾向が強まっています。
◆東京大学
K188東京大学11

[436-20101130]
耐震診断の義務化に関して
東京都は大地震が発生したときに救急活動や救援物資の輸送に使う幹線道路沿いのビルやマンションを対象に、建物の所有者に耐震診断を義務付ける方針を固めました。2011年に関連条例を制定することを目指すということですが、不動産取引にも当然影響してきますので、しっかり調査・説明しなければなりません。
◆東京大学
K189東京大学12

[435-20101130]
不動産経営に関して
テクニックに優れたマーケティングやコピーライティングなどは不要です。
◆東京大学
K190東京大学13

[434-20101130]
壁式構造の優位性
『壁式構造』は地震力を剛性の高い壁で受け止める構造となっているため、ラーメン構造に比して堅固となり、かつ低層建物であるために地震に対しての揺れも小さくなります。
参考:「壁式鉄筋コンクリート構造の被害は一般に小さく、ほとんどが無被害または軽微に属する被災程度である。これは震度7の地域についても言え、すぐ近くの建物が被災度判定上大破や倒壊であっても、壁式鉄筋コンクリート構造にはほとんど被害が見られないといった事例は数多くある」(出所:社団法人日本建築技術者協会編 平成7年阪神・淡路大震災建築震災調査委員会中間報告より抜粋)
◆東京大学
K163東京大学1

[433-20101130]
壁式構造とは
柱と梁の代わりに耐力壁で建物の荷重を支える構造です。主に低層建物に採用される工法です。建物の荷重が一点に集中することがないこと(面で支える)から、構造計算は主に壁量・鉄筋量によって行われます。
20101130-2.gif
◆東京大学
K165東京大学3

[432-20101130]
ラーメン構造とは
柱と梁で建物の荷重を支える構造です。主に中高層建物に採用される工法です。柱と梁に建物の荷重が集中すること(点で支える)から、構造計算が複雑になります。
20101130-1.gif
◆東京大学
K178東京大学1

[431-20101130]
鉄筋コンクリート造に関して
鉄筋コンクリート造には『ラーメン構造』と『壁式構造』の2種類の建築工法があります。
◆東京大学
K179東京大学2

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック