不動産の鉄則&近代建築物(日本の大学編)

[400-20101121]
ヴィンテージマンションとは
名作やかつての高級マンションなど経年とともによりその魅力を増していく、味わい落ち着きあるマンションのことです。デザイナーズマンションとは建築家のコンセプトが前面に表れた集合住宅のことであり区別されます。
◆東京大学
K180東京大学3


[399-20101121]
中古でリフォーム・リノベーションに適したマンションとは
建物構造がラーメン構造の物件を選びましょう。ラーメン構造は、柱と梁を剛接合して出来ており、室内(専有部分)のほとんどの壁を取り外し、自由に空間を作ることが出来ます。それに対し壁式構造は、室内の壁自体が建物の構造を支えている為、壁の取り外しは基本的にできません。更に、昭和56年以降の大手ゼネコン施工で管理組合のしっかりしている物件を選びましょう。
◆京都大学
K219京都大学法・経済学部


[398-20101121]
不動産価格査定マニュアルとは
自宅などの価格査定に関し、業者が無料サービスで(財)不動産流通近代化センターの「不動産価格査定マニュアル」に基づき作成しているケースがあります。
◆東京藝術大学
K290東京藝術大学


[397-20101120]
防音材-体型排水管とは
トイレや水回りの排水騒音を防ぐ防音材一体型排水管のことです。これにより、排水音は「深閑とした深夜の郊外」と同じ騒音レベルである35dBまで下げることができます。
◆北海道大学
K297北海道大学


[396-20101120]
遮音床構造とは
木造住宅は、2階から1階への音を防ぐため、2階床を3層構造にしましょう。24mmの構造用合板、12.5mmの石膏ボード、12mmの化粧フロアーをあわせ、上階の音を低減しましょう。
◆東北大学
K334東北大学


[395-20101120]
断熱樹脂サッシ・ペアガラスとは
外側がアルミで内側が樹脂膜で二重ガラスの断熱サッシは、窓の断熱性を高めるとともに窓面に触れた空気の冷却をおさえるので、冷暖房を切っても保温効果が長続きします。結露の低減にも効果的です
◆九州大学
K343九州大学


[394-20101120]
木造軸組工法に関して
木造軸組工法においては、土台には、耐久性・耐朽性・耐蟻性にすぐれた米ヒバを、柱や梁には、曲げに対して強い人口乾燥・ヤニ処理させたムク材や目切れなどを取り除き、人口乾燥させた材を再結合したラミナ材(ひき板)を使えば建築後の材質の変化はほとんどないでしょう。
◆神戸大学
K365神戸大学


[393-20101120]
フルベース基礎(ベタ基礎)とは
防湿フィルムで湿気を遮断し、強度の高い鉄筋コンクリートで床面全体を覆う 「フルベース基礎(ベタ基礎)」は、台風や地震などに強いです。
◆信州大学
K393信州大学


[392-20101120]
住宅建設の地盤調査・改良に関して
地盤が安定していないと、建物が傾いてしまいます。「スウェーデン式サウンディング試験」又は最新式地盤調査である「表面波探査」を実施の上、そのデータを第三者機関で客観的に解析してもらい、必要となった場合には最適な地盤改良工事を施工しましょう。
◆山形大学
K391山形大学


[391-20101120]
不動産投資成功のカギとは
不動産投資成功のカギは、物件の価値を正しく判断し、リスクを最小限に抑えることでしょう。
◆一橋大学
K167一橋大1

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック