不動産の鉄則&近代建築物(日本の大学編)

[390-20101120]
不動産の買い替えに関して
不動産の買い替えをする場合、下記の3点を充分調査検討しなければなりません。
・売り買いのタイミング
・ローンをはじめ、登記費用などの各種諸経費も考慮した資金計画
・買い替えの税制や法律の規制
◆東北学院大学
K388東北学院大学


[389-20101120]
レバレッジとは
レバレッジとは「てこの原理」のこと。少ない資金でも借入れによって元手を増やし、収益がでるように投資効率を高めた投資法のことです。不動産投資においても投下した資金の何倍もの投資効率が実現するように事業収支計画を組まなければなりません。
◆愛知学院大学
K386愛知学院大学


[388-20101120]
インフレとマンション経営に関して
将来の日本経済がインフレに見舞われた場合、現金・預金などの金融資産は目減りし、価値が下がる可能性もあります。しかし、マンション経営は、インフレ時代において家賃は大幅に下落することもなく、その時代の価値に合わせた収入を得ることができる可能性が高いと言えるかもしれません。
◆共立女子大学
K384共立女子大学


[387-20101120]
老後とマンション経営に関して
正しいマンション経営は、比較的低いリスクで長期的に安定した収入をもたらす資産運用法かもしれません。長期に渡って安定した収入を得ることは、公的年金制度の将来に不安が強い今の時代、誰もが望む「ゆとりある老後」を迎えるためには必要なことかもしれません。
◆愛知大学
K383愛知大学


[386-20101120]
正しいマンション経営に関して
超低金利水準の中にあって、金融商品で資産形成することは非常に困難な時代になりました。金融商品の場合は、利回りの高いものには大抵高いリスクがともないます。その点、マンション経営は立地を厳選するなどのリスク回避により入居率100%を維持することにより安定的に資産形成ができます。また、ローンを組んだ場合でも、その返済が適正なものであればその返済の大半は家賃収入で充当でき、そのうえ、税金の還付を受けられるので効率的に資産運用・資産形成ができます。但し、厳しくリスクマネジメントしなければなりません。
◆聖心女子大学
K382聖心女子大学


[385-20101120]
不動産流通に関して
近年、不動産を取り巻く環境においては、不動産と金融の融合が進み、収益性と透明性が重視された市場が形成されています。地域、規模、用途にそれぞれ即した市場が形成され、それぞれの要因によるトレンドが見られるようになっています。
◆京都女子大学
K381京都女子大学


[384-20101120]
LED照明の特徴
・長寿命→白熱電球に比べ寿命が約10倍長い
・低消費電力→白熱電球と比べても、実質消費電力は最大で約80%削減可能
・衣服等にやさしい→紫外線を出さないため、色あせ防止効果がある
・目にやさしい→体に有害な紫外線を出さないため、目にやさしい
・防虫効果→紫外線を出さないため、虫が寄り付きにくい
・熱の発生が少ない→夏場の室内における冷房の空調負荷を大幅軽減
・安全(1)→照射面に触っても熱くない
・安全(2)→水銀等の有害物質を含んでいないため安全である
◆成蹊大学
K379成蹊大学


[383-20101118]
鉄筋コンクリート建造物向け外断熱改修に関して
断熱材を使った鉄筋コンクリート建造物向け外断熱工法が開発され、マンション・ビルなどの断熱改修でも採用されています。冬季のコンクリートの冷え込みが軽減されるため内断熱より結露が少なく、カビやダニの発生を抑え、健康的な居住空間を実現。外気温変化や紫外線などから建物本体を守り、長寿命化や資産価値の向上も期待できます。建物内側からの改修では内装材の交換などで居住者の一時退去が必要ですが、外断熱工法は壁の周囲を覆う工事が主体となり、居住したままで工事が可能です。
◆津田塾大学
K378津田塾大学


[382-20101118]
ソリューションとは
不動産には様々な問題が複雑に絡み合っていることが多く、その解決方法は多種多様です。そのような中、最適なソリューション(問題解決の情報システム全般)と現実の方法を得なければなりません。
◆法政大学
K376法政大学


[381-20101118]
不動産流動化ビジネスとは
これからの不動産流動化ビジネスは、仕入れた物件をバリューアップ(高付加価値化)して魅力的な商品を生み出し、それにより事業利益を得ることです。キーワードは、“不動産再生”“コンバージョン(用途変更)・リノベーション(刷新改善)”。
◆国際基督教大学
K375国際基督教大学

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック