不動産の鉄則&近代建築物(日本の大学編)

[300-20101025]
遠隔管理業務とは
遠隔管理業務とは、共用部分の異常発生だけでなく、専有部分の非常事態、火災などの異常もいつでも遠隔管理会社センターへ通報され、24時間体制で対応することです。火災、ガス漏れ、エレベーター・給水設備の異常などマンションの共用部分と専有部分のトラブルを感知し、その警報をオンラインで自動的にセンターに通報するもの。警報の内容に応じて、警備会社の警備員や設備会社の技術者を出動させるなど、24時間体制で迅速に対応する業務です。
◆平安女学院
K206平安女学院2


[299-20101025]
管理員業務に関して
エントランス等共用部分の日常清掃をはじめ、各種設備の点検、専門業者による清掃・補修工事への立会いなど居住環境の維持管理業務。さらに居住者や来訪者との応対から各種届け出の受理、通知事項の掲示などの対人サービスも提供業務などがあります。日常清掃だけで不足するエントランスや外廊下など共用部分は専門の清掃スタッフによる定期清掃業務などがあります。
◆京都大学
K211京都大学人文科学研究所


[298-20101025]
事務管理業務に関して
マンション管理適正化法に規定される基幹事務のうち、「管理組合の会計の収入および支出の調定」および「出納業務」として、管理事務のなかでも重要な業務は下記3項目である。
・管理費と修繕積立金等の収納、支払業務会計
管理費などで日常まかなう一般会計業務と将来の修繕工事に備える特別修繕会計業務。
・会計報告
管理費等の収支状況や未収納金の明細などを毎月管理組合への報告業務。
・損害保険の契約
管理組合が契約者となる共用部分への保険の付保業務。
◆同志社大学
K222同志社大学


[297-20101025]
マンション建替え・再生事業に関して
マンションという居住形態は500万戸を超えるまでに普及しました。2011年には築30年以上のマンションが100万戸を超えていると言われており、耐震強度などの建物性能や、エレベーターの不設置などの高齢化社会対応に配慮されていないマンションも多く見受けられます。2002年に『マンションの建替えの円滑化等に関する法律』が施行され、建て替えに関する法整備も進み、区分所有者が主体となり自分たちのマンションを建て替えることも可能になりました。
◆龍谷大学
K247龍谷大学


[296-20101025]
環境共生とは
(財)建築環境・省エネルギー機構が実施、認定する「環境共生住宅」は必須項目、提案類型など高い基準を満たすことが求められ、マンションではまだ認定が少ない厳しい制度です。
◆大谷大学
K252大谷大学


[295-20101025]
地域共生に関して
周辺地域にも影響を与えるマンションのような大規模な建物の開発に当たっては、法令順守はもちろん、マンションのコンセプトやその地域への配慮等について充分説明し、理解してもらうよう努めなければならない。地域共生に関する既存樹木の保存や緑地の確保、防災備蓄倉庫の設置なども積極的に提案しましょう。
◆慶應義塾大学
K255慶應義塾大学


[294-20101025]
不動産経営に伴う情報精度アップとは
契約締結する為には、下記の情報件数配分で情報の精度を上げなければなりません。
68%・情報収集(取捨選択)
20%・情報ニーズの把握(調査・分析)
10%・情報ニーズへのプレゼンテーション(提案・交渉)
 2%・契約(リスクマネジメント)
※時間配分は、情報の精度が上がるほど増えます。
◆早稲田大学
K261早稲田大学


[293-20101025]
不動産経営に伴う情報活用とは
全ての情報から厳しく取捨選択し、それらの情報を加工し、付加価値を付け、発信できる新しい情報に作り直すことです。
◆学習院大学
K270学習院大学


[292-20101025]
不動産経営とは
不動産経営は、その街(地域)No1の生活情報発信基地になることです。
◆青山学院大学
K276青山学院大学


[291-20101025]
不動産経営とは
不動産経営は、街創りに貢献しなければなりません。
◆立教大学
K282立教大学

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック