国際ピアノ・コンクールで日本人初優勝

アジア初のピアノでの快挙、
辻井伸行氏が<ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール>優勝

20090608-1.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=oc6nodhGTUQ

テキサス州フォート・ワースで行なわれていた<ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール>で、6月7日(日本時間6月8日 早朝)、辻井伸行さんが中国のHaochen Zhangさんとともに優勝を果たした。同コンクールでの日本人優勝者の誕生は史上初。アジア勢としても初の快挙となる。

<ショパン国際ピアノコンクール>や<チャイコフスキー国際コンクール>と並び称されるピアノコンクール<ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール>。ブルガリア1名、イタリア1名、中国2名、韓国1名と辻井の6名が参加した今年の決勝。表彰式で最後に“ノブユキ・ツジイ”がコールされると会場に大きな拍手と歓声が沸き起こった。辻井さんは同時に、ビヴァリー・テイラー・スミス賞(コンクールのために書かれた新曲の最も優れた演奏に対して授与される)も受賞した。

7月2日NHKクローズアップ現代でも取り上げられましたが
辻井さんの曲は、技術ではなく真っ白な心で奏でるところにその骨頂があります。
ショパンの子守唄を改めて聴かせていただき涙するばかりです。

よいしょ!

WBC野球に継ぎピアノでも世界制覇!
これは凄い!驚きました!
しかも全盲というハンディを克服し優勝した辻井伸行さんに心からエールを送ります。
さて、
次は、ワールドカップサッカーで世界制覇といきたいものです。

http://www.youtube.com/watch?v=aW1yaby0-VE

http://www.youtube.com/watch?v=yBcGAt3pSNY&feature=PlayList&p=79BA64EC3E26ACEF&playnext=1&playnext_from=PL&index=42

スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック