不動産の鉄則&近代建築物

不動産の鉄則&近代建築物

[1115-20170120]
今後の公共投資
財務省は、社会資本整備に充てる公共投資の「選択と集中」をより徹底する為、新規投資を民間投資の誘発効果や運用効率の高い事業に重点化することと、PPP・PFIのさらなる導入拡大を求めている。大部分のインフラを所管する国土交通省に対し、新規事業採択時に算出する費用対効果の高い事業に投資を集中することや、すべての国管理空港に公共施設等運営権(コンセッション)を導入することなども求めている。
・国交省が新規事業採択時に算出する費用対効果(B/C)の比較的高い事業を厳選し、低下傾向にある費用対効果の底上げ
・公共事業へのPPP・PFIのさらなる導入拡大
・すべての国管理空港にコンセッションを原則導入することを提案
・下水汚泥の固形燃料化などを行う「汚泥有効利用施設」の新設についてPFIの導入を原則化する必要性など

KH7 千葉
千葉高校

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック