不動産の鉄則&近代建築物 豊中市の教会

不動産の鉄則&近代建築物 豊中市の教会


[1010-20131111]
分譲団地の高齢化に伴う5つの課題
1.今の住戸はバリアフリーでない
2.今の住戸は高齢者の一人住まいで不安である
3.今の住戸は一人では広すぎる
4.今の住戸の建物の耐用年数はまだまだある
5.今の住戸の資産価値では住み替えは難しい
20131111-1.jpg
カトリック豊中教会


[1009-20131111]
分譲団地の高齢化に伴う5つの解決策
1.バリアフリー住戸を団地内に建てて住む
2.高齢者単身者などが集まって住む
3.今の住戸を子育て用の住戸として利用者に譲るか貸す
4.今の住戸を売るか貸して収益を得る
5.今の住戸から得る収益の範囲で団地内で住む
20131111-2.jpg
カトリック千里ニュータウン教会


[1008-20131111]
団地内に新たな高齢者用住戸を建設する為の5つの条件
1.管理組合が建設する
2.入居者の希望に合わせて建設する
3.木造平屋建てなどで安価に建設する
4.生活支援などのサービスを導入する
5.共生の仕組みを取り入れる
20131111-3.jpg
石橋聖トマス教会


[1007-20131111]
団地内に新たな高齢者住戸を建設する為の5つの工程
1.企画を立てるための合意形成
2.企画に沿った事業計画と参加者募集
3.資金計画とコミュニティ運営計画作成
4.総会による合意形成
5.建設及び運営開始
20131111-5.jpg
日本キリスト教団豊中教会


[1006-20131111]
団地内に新たな高齢者住戸を建設する場合の展望
基本的には不動産事業になるので管理組合の事業部門として整理して税務申告することになる。ただし、入居者が管理組合員に限定するなどで家賃も低く抑えられ、いわゆる事業収益の出ない場合は運営については課税の対象から外れる場合もあるので、税務署との要相談となる。これまでのマンション管理組合や団地管理組合の業務は、建設されたものを維持管理するというスタンスで行ってきましたが、今後は環境を改善するのみでなく資産も含めて向上させることが重要となるでしょう。
20131111-6.jpg
東豊中聖ミカエル教会

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の鉄則&近代建築物 アサヒビール吹田工場

不動産の鉄則&近代建築物 アサヒビール吹田工場


[1005-20131105]
マンションPER
新築マンションの収益力を測る指標「マンションPER」とは、新築マンション価格が月額賃料の何年分に相当するかを算出したもので、数値が低いほど収益力が高いことになります。2012年首都圏平均は23.83で前年比0.08ポイント上昇し、収益力がやや悪化したようです。
20131106-1.jpg


[1004-20131105]
大阪市による分譲マンション管理状態調査
大阪市は2004年度に初めて市内の分譲マンションを調査、3172棟あることを確認していた。この時のデータを基に2012年時点で築35年以上の300棟と築30年以上で管理組合がないとみられる100棟について管理組合が機能しているかどうか?老朽化した分譲マンションが改修されずに放置されていないかどうか?などの調査結果を踏まえ、セミナーなどを通じてマンション管理の徹底を呼び掛けています。マンションの老朽化及び居住者の高齢化が進む中、このような動きは全国的に拡がると予測されます。
20131106-3.jpg


[1003-20131105]
登録有形文化財にして建物を活用
個人宅などでも重要文化財は難しいかもしれませんが、所有者の残したい気持ちにこたえる制度として『登録有形文化財』があります。これは、より多くの文化財を保存していくことを目的に平成8年に創設されました。とても人気があって、現在建造物の登録は9250件。そのうち約半分近くは『住宅』です。こちらに登録するためには、原則50年を経過した歴史的建造物であることと、以下の3点のうち、いずれか1点を満たしていることが条件です。
(1)国土の歴史景観に寄与しているもの
(2)造形の規範になっているもの
(3)再現することが容易でないもの
登録有形文化財は、建物を活かしながら残していこうという考え方です。そのため、内装の変更や設備の更新などの規制は、重要文化財に比べると緩やかです。ですから、修復してまちづくりに活かしたり、観光資源として利用する例も多くなっています。
20131106-5.jpg


[1002-20131105]
コスト低減リフォーム
フローリング・畳や壁クロスを張り替えずに、補修・修復と殺菌衛生処理を含めたクリーニングを組み合わせた方法で再生すれば大幅コスト低減につながります。
20131106-4.jpg


[1001-20131105]
マンション大規模修繕の傾向
首都圏にある5万超の分譲マンションにおいて2013年1月時点で大規模修繕が必要になっているマンションは1回目(築11~15年)8651件、2回目(築24~28年)5746件、3回目(築37~41年)2956件の順となっている。しかし、2019年には3回目が7311件、2回目が6414件、1回目が6230件となり、順位が逆転するようです。
20131106-2.jpg
西宮工場

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック