不動産の鉄則&近代建築物

岩手銀行中ノ橋支店


[935-20120819]
岩手銀行中ノ橋支店
「赤レンガ」として親しまれる盛岡市中ノ橋通1丁目の岩手銀行中ノ橋支店(国指定重要文化財)は3日、店舗としての歴史に幕を閉じました。建築から101年を経た盛岡を代表する歴史的建造物は調査・修復後、文化財として広く公開される予定です。東北の震災復興の為にもよかったです。
20120813-1.jpg


[934-20120819]
海外投資家の国内不動産への投資動向
海外投資家や外資系投資会社の間で国内不動産への投資熱が高まりつつある中、欧米の不動産会社や投資会社が都心のマンションやビルを買い進めているほか、米大手投資銀行が不動産投資信託(リート)事業に乗り出すようです。背景には、欧州債務危機に伴う逃避資金の流入や不動産市況の底入れ観測があり、投資対象としてもリスクが少なく堅実でしょう。停滞が続く不動産市況の潮目が変わる可能性も出てくるでしょうね。
20120813-2.jpg


[933-20120819]
安心コール事業
孤立死につながる高齢者のSOSをいち早くつかむ為に豊中市社会福祉協議会が、一人暮らしの高齢者を対象に、定期的に電話による安否確認をする「安心コール事業」を始めました。豊中市と同市社福協が中心となって行っている「安心生活創造事業」の一環。事前に登録を受け付け、連絡がとれないなど異変がある場合は職員らが駆けつけるしくみです。豊中市のような取り組みは地域と連携して全国にも波及しなければなりません。
20120813-3.jpg


[932-20120819]
昔ながらの映画館は閉店へ
国内の「映画館発祥の地」とされる東京・浅草には、現在、5つの映画館が残っていますが再開発計画が進む中で、今年10月までに5館のすべてが閉館されることになったようです。レンタルビデオやケーブルテレビが全盛となった昨今、再開発という時代の波には逆らえず昔ながらの映画館は閉店を余儀なくされたわけですね。私は、約2年間、浅草エリアの下町に単身赴任で住んでおりましたが寂しい気がしますね。
20120813-4.jpg


[931-20120819]
震災木材の再利用
大分県立日田林工高校の生徒が宮城県石巻市で半壊した住宅の木材を再利用して住宅の壁や床材として使える建材を開発したようです。純粋な高校生にエールを送ります。しかし、これくらいのことは土木建設行政側やプロの業者ももっと早く提案しなければいけませんね。経済性など何か支障があったのでしょうかね。焼却すればよいというものではないでしょう?
20120813-5.jpg

スポンサーサイト
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック