地熱住宅の内部写真<166-170>

NEDOとは・・・
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の略。民生部門(家庭用、業務用(企業の管理部門など、事務所・ビル、ホテル、百貨店などの第三次産業など))の電力の省エネ推進を目的に住宅・建築物における省エネルギー対策を抜本的に進めるために、(我が国のエネルギー消費量の約1/4を占める)民生部門の省エネ対策を一層強化されることを支援するため補助金を交付している機関。

166 屋根裏部屋
GH166.jpg

167 屋根裏部屋
GH167.jpg

168 屋根裏部屋
GH168.jpg

169 リビング
GH169.jpg

170 玄関
GH170.jpg






スポンサーサイト

ファンドバブル崩壊の真の原因は

ここ数年急速な成長を遂げた不動産ファンドビジネスは、急転直下の危機的状況になったといえますね。不動産が金融商品に組み込まれた中で、サブプライムローン問題に端を発し、ついには米大手証券会社の破綻へと至った金融情勢の激変が大きな要因であることはいうまでもありません。

さて、私自身もファンドビジネスを一企業の中で、調査・企画提案した者の一人ですが、ファンドバブル崩壊の真の原因は何であり?不動産ファンドビジネスは復活するのか?よく、考える必要がありますね。私の持論は、“大型プロジェクトなど特殊なものは除き、不動産投資は不動産そのものに投資すべし”ですね。

アセットマネジャー、レンダー、エクイティ投資家、信託銀行、プロパティマネジャー、オリジネーターなど各プレーヤーの思惑と動向を少なくとも整理する必要がありますね。不動産はそもそも単純明快なものであるはずなのが、何故か金融商品となると複雑混迷なものになる。

地熱住宅の内部写真<161~165>

地熱住宅の原点

CO2の発生源は大きく分けて、車と建築物ですが、建築物からの発生が車の約2倍といわれています。そこで建築家として、「建築物が消費するエネルギーを削除すること」がCO2の発生を減らすことになるので、地中にある地熱・温熱に注目し、これを建物に利用することを研究しました。

161 玄関
GH161.jpg

162 リビング
GH162.jpg

163 キッチン
GH163.jpg

164 リビング&備え付け無垢材テーブル
GH164.jpg

165 リビング&ダイナミックな天井の梁
GH165.jpg





大経営破たんの行方

米国サブプライムローン(低所得者層向け住宅ローン)の
不動産の証券化に端を発し
昨日の米国証券大手リーマンブラザーズの経営破たん
そして
本日の米国生命保険最大手のAIGの経営破たん救済

国の証券会社は切り、銀行・生命保険会社は救済の構図がはっきり見えた。日本でも山一證券は切られ、大和銀行は救済されたのは記憶に新しい

AIGグループの中には、あのアリコジャパンもあるわけですが、いずれにせよ規模縮小は余儀なくされるであろう?いや、日本市場は大丈夫かな?

何故なら、保険とはおもしろいもので日本人は世界の中でも断トツに保険大好き民族らしい。全世界中での掛け金合計100兆円?だったか 、その中の日本人の掛け金合計が60兆円?だったと記憶している。

私は、昔から生命保険に金を使うよりも
予防医学に金を使う主義で
食生活の改善やサプリメントなどに金を使っております。
人生50になろうとしておりますが
今のところ医者の世話にはなっておりません。

又、想定の範囲内であるが
不動産の証券化もやはり行き詰るか?
建物は供給過剰で、少子高齢化にもかかわらず、
新築マンションは止まる事を知らず建設され
その結果、売れないではないか?

あるモノをもったいないという思想で
もっと有効活用するのが・・・
今後不動産コンサルティングに与えられた使命であると考えます。
どんどん箱物を新築して証券化するのではなく。



岡山県立邑久高等学校

岡山県立邑久高等学校

20130622-1.jpg

岡山県瀬戸内市邑久町尾張404

1921年(大正10年)4月: 岡山県邑久高等女学校創立。
1926年(大正15年)4月: 岡山県邑久実科高等女学校廃止され、邑久高等女学校開校。
1948年(昭和23年)4月: 学制改革により岡山県立邑久高等学校と改称。

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

自宅ベランダからの眺望

自宅ベランダからの眺望
2008.08.31(日)撮影

[大阪市中心部の高層ビル群]
080831_1504~01

[生駒山方面]
080831_1505~01

[大阪湾方面] ※コスモタワーが大阪府庁になるのか?
080831_1506~01

[千里中央方面]※50階以上の高層マンション建設中
081201_0811~01

[箕面の山々]
081201_0810~01

[宝塚方面を望む]
081201_0811~03

[六甲山を望む]
081201_0811~02






月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック