本格・地熱住宅

[4-20110222]
本格・地熱住宅が熊本県賞

事業家の矢上五郎八氏が考案した地熱住宅の一作品“あさぎり山荘ひばり”が
このたび熊本県の建築部門で表彰されました。

私は特許を取得する以前から注目しておりましたが
これからの時代、省エネ(冷暖房不要とまでは言いませんが・・・)は勿論のこと
地産池沼・天然無垢材・大工棟梁が建築・食べれる塗料・健康に優しい波動・・・
このような“不動の理念”に基づく住宅が普及していくでしょうね。
住宅に限らず診療所・介護施設・店舗・事務所・・・などの用途においても・・・

残念ながら大量生産・販売は大工棟梁の手作りの為、出来ません。
利潤を最優先させる大手企業が真似することも恐らく難しいでしょう。

それでは、この建築物の普及の為には、どうすればよろしいのか・・・?

20110222.jpg

[選考委員(熊本大学名誉教授)コメント]
外観は単純な切り妻の一棟造りであるが、中に入ると樹齢120年のスギの真柱など圧倒的なボリュームの木材に驚かされる。一般的な木造建築の魅力とは異なり、巨大木造社寺建築が持つような雰囲気でもある。部屋の大きさから見るとおおきすぎるとも思える柱、梁、小屋組みがそれをつくっているが、手斧目など手作業の跡がみえる木部の表情や、シックイ・珪藻土、自然石、など天然素材との組み合わせが不思議な優しさも作り上げている。人吉球磨産材へのこだわりと、建物の傍にしつらえらりた今では珍しくなった現場小屋での手作り作業が生み出した作品である。

スポンサーサイト

まんじゅう壁

地熱住宅コンドミニアム
まんじゅう壁と囲炉裏と露天風呂


熊本県球磨郡あさぎり町で建築中の地熱住宅コンドミニアムです。

デンと構えた『まんじゅう壁』ですが、これは間仕切り壁なんですね。

なんとも五郎八先生らしい設計思想です。

なんか、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「ぬりかべ」が床から出てきた感じですね。

手前には囲炉裏もあります。

本当に人にやさしい波動が満ち溢れる癒しの空間ですね。

家族団らん、仲間との宴席などなど・・・

露天風呂の後、

山海の幸に地酒一献とゆっくりやりたいものですね。

まんじゅう壁

20100605.jpg

囲炉裏

G20100610-2.jpg


嬉しそうな手作りの椅子

G20100615
G20100626-3

露天風呂
G20100626-1


お祓い
G20100622-2.jpg

外観
G20100622-1.jpg

古里の香り漂う山荘
G20100624
『古里の香り漂う山荘』地熱の特性生かす。
古里を離れ、都会で生活している人たちなどが帰郷した際に利用できる『あさぎり山荘ひばり』の内覧会が26、27の両日、あさぎり町深田西の新地区で開かれる。同山荘は、東京都内で変身スタジオ『モンかつら』を経営している(株)アレスの山本裕子代表取締役(人吉市出身)が「人吉球磨を離れている方々が古里に帰郷した際、気軽に滞在出来る施設を」と実家跡に建設中。一部屋の床面積は130平方㍍。エコロジー建築研究所ダンライフ一級建築士の矢上五郎八「相良村出身」の設計で、国土交通省国家プロジェクト大工育成塾の指導棟梁を務めている松本秀敏棟梁「兵庫県姫路市大津区」らが腕を振るった。
樹齢120年の杉の柱をはじめ、オール球磨郡産。
熱の特性を生かし、「壁の中に空気の道を作るなど、環境に負荷をかけない」特許取得の地熱を利用した造り。母校の球磨工業高校で後輩に授業したことのある矢上さんは「儲けようというのではなく、『古里を離れておられる方のために』という山本社長の思いに感心した。どんな住宅なのか一度、ご覧いただきたい」と話している。内覧会は両日とも午前10時から午後5時まで。来月17日にオープン予定。以上が記事の本文です。

G20100626-2






400年前の上棟式

400年前の上棟式

矢上五郎八先生が手掛けております特許取得の地熱住宅が
熊本テレビで下記の通り紹介されました。
上棟式は400年前の作法に従って厳かに滞りなく執り行われました。

20091208-2.jpg

20091208-1.jpg


球磨郡あさぎり町で古式の上棟式

50年前から途絶えていたという古式に則った上棟式がきのう、球磨郡あさぎり町でありました。上棟式は約400年前の作法にならって願いを記すと共に「邪気を祓う」という8本の矢と五色の旗を屋根の最も高い部分の棟に並び立て、作業の安全を願う祝詞を棟梁が自ら読み上げます。そして、「丈夫な家を」と願う掛け声を唱えながら、木槌で棟を合計9回たたく「棟木固めの儀」を行いました。この建物は誰でも利用できる宿泊施設で、あさぎり町が両親の故郷という東京在住の施主、山本裕子さんが地域にも貢献したいとして行ったもので、「もち投げ」には多くの住民たちが集まり、棟上げを祝いました。

人吉新聞

20091210-1.jpg

「日本古来の儀式で上棟式」 来年6月に竣工予定 あさぎり町深田の簡易型宿泊施設 鏑矢と雁股矢各4本立てて打ち締め   12月9日 掲載

あさぎり町深田に建設中の一般簡易型宿泊施設「あさぎり山荘ひばり」(仮称)の上棟式が6日、古式にのっとって行われた。同山荘ひばりは、東京都内で「変身スタジオ モン かつら」を経営している(株)アレスの山本裕子代表取締役=人吉市出身=が「人吉球磨を離れている方々が古里に帰郷した際、気軽に滞在できる施設に」と、実家跡に建設中。地元産のスギを使った約400平方㍍の木造平屋建て。調理できるキッチン付きの3部屋を設け、基本的に冷暖房器具を必要としない地熱利用の快適さを追求する造りで、来年6月の竣工を予定している。日本古来の上棟式は、国土交通省国家プロジェクト大工育成塾の指導棟梁を務めている松本秀敏棟梁=姫路市大津区=が造った鏑矢と雁股矢をそれぞれ4本立て木槌で打ち締めする儀式。天と地を向いた計8本の矢は五穀豊穣、天下泰平を意味しており、松本棟梁の祝詞奏上に次いで3人の大工が「千々棟、万々棟、栄々棟」と掛け声を合わせながら木槌で最上部の棟を叩いた。約50年前に途絶えた儀式という。近隣住民など大勢の人が見守る中で無事に終わると、施主の山本社長は「古里を離れておられる方が気軽に利用できる施設を目指します」とあいさつ。設計・監理を請け負うエコロジー建築研究所ダンライフ一級建築士の矢上五郎八さん=相良村出身=は「地元に何かをと思っていた矢先、この仕事をいただいた。対岸を含めて活性化のお手伝いができたらと思う」。来賓の愛甲一典町長は「地元の元気につながる施設をという山本社長に心から感謝している。この地から、いろんな元気の輪が広がってほしい」とそれぞれ思いを話した。



[工事進捗写真]
20100207-1.jpg

20100207-3.jpg

20100207-4.jpg

20100207-5.jpg





地熱住宅グループホーム見学会

地熱住宅による医療・介護施設
グループホーム・さくらホーム「おおの家」

オープンハウスを2008年11月1日(土)・2日(日)の両日に実施致しましたので
写真展示をご覧下さい。

内容
○場 所 : 兵庫県相生市大谷町1-20
○電 話 : 0791-24-3620
○用 途 : 小規模多機能型居宅介護施設(グループホーム)
○名 称 : さくらホーム「おおの家」
       既存施設(全20室)の増築
○特 徴 : 特許取得地熱工法を使用した冷暖房不要の高齢者施設。
使用材料は地元相生産の「杉材」を使用し、浴槽は桧風呂。
○日 時 : 11月1日(土)・2日(日) AM10:00 - PM5:00

正面玄関
GH20081102-1.jpg

檜風呂・脱衣・洗面場・トイレ
GH20081102-6.jpg

大梁は、京都府北部産の松
GH20081102-7.jpg

檜風呂浴槽
GH20081102-8.jpg

定期的に地元住民の方々へも開放する。
GH20081102-9.jpg

脱衣場
GH20081102-17.jpg

GH20081102-18.jpg

洗面台
GH20081102-10.jpg

トイレ
GH20081102-4.jpg

小規模多機能型居宅
GH20081102-3.jpg

GH20081102-5.jpg

GH20081102-25.jpg

GH20081102-23.jpg

GH20081102-24.jpg

天井・柱・梁・天窓
GH20081102-11.jpg

GH20081102-19.jpg

GH20081102-15.jpg

外壁(漆喰・板)
GH20081102-26.jpg

御幣を持つZenと五郎八先生(2008.11.02)
GH20081102-22.jpg


さくらホーム「おおの家」の設計コンセプト

今回、ご縁をいただき高齢者の介護施設である小規模多機能型居宅介護施設の設計監理をさせていただきました。私は今までにこのような高齢者介護施設を設計したことがありませんでした。私の手法は何時もそうですが始めての経験の無い建築物の依頼が来たときには同様の建築物を参考に見に行くことはしません。なぜなら、その建築物が気に入ればそれがゴールになるからです。私が経験してきたことや思考を駆使してそして、それを利用する方々の「魂」が本当に喜びを持つ建築物とは何か?が私のライフフワークだからです。そんな中でこの高齢者の施設を設計いたしました。

特徴
①特許取得地熱工法を採用して無暖房・無冷房の住空間を構築する。         
②地元密着型の高齢者施設なので建築物も地域密着型を採用し地元相生産の「杉材」を柱・梁・母屋・垂木・床・天井・腰板・手作り家具などありとあらゆるところに多用した。
③浴槽はメーカーが商品化している工業製品の湯船を採用せず、桧材を使用して新しい工法で、むく材の桧で桧風呂を製作した。
④家具は全て手作りとし、仕上げは人体に害が無いドイツの環境を配慮した建材等を紹介する権威のあるエコテストマガジンにも紹介されているオイル蜜蝋ワックスで最終仕上げをした。
⑤洗面台や流し台もメーカーの工業製品は採用せず、手作り現場製作とした。
⑥外観は鞆の「さくらホーム」をイメージして古来の日本建築の外観を採用した。

特に特許取得地熱工法の採用は高齢者にとっては最高の住空間を提供します。
高齢化になると血管が硬化し始め室内の温度差により血管が対応できなくなりその結果「脳血管障害」を引き起こしやすくなりますのでこの方法ならこれから回避出来ます。

今後このような施設が全国で多数建築されていきますが、ここの施設「おおの家」が高齢者にとって本当に安全・安心の施設であることの発信になれば幸いです。

エコロジー建築家 矢上五郎八



地熱住宅による診療所・西田医院 (たつの市)

<医院でない医院>
20080629-7.jpg


GH315.jpg

GH303.jpg

GH304.jpg

GH309.jpg

GH305.jpg

GH310.jpg

GH311.jpg

GH307.jpg

GH321.jpg


追伸

矢上五郎八氏の絵画等出展歴 

NO 西暦 年齢 項目 種類 備考

1 1949 0 熊本県球磨郡生まれ
2 1967 18 球磨総合美術展 入選 人吉市
3 1969 20 西脇市美術展 入選 西脇市
4 1970 21 西脇市美術展 特選3席 西脇市
5 1971 22 西脇市美術展 入選 西脇市
6 1971 22 三木市美術展 教育委員会賞 三木市
7 1971 22 東播美術展 入選 社市
8 1972 23 西脇市美術展 推薦1席 西脇市
9 1972 23 三木市美術展 入選 三木市
10 1972 23 東播美術展 特選 社市
11 1972 23 加古川美術展 美術協会賞 加古川市
12 1973 24 兵庫県展 落選 兵庫県
13 1973 24 新構造社展 入選 初出品
14 1973 24 西脇市市民作品展 招待出品 西脇市
15 1974 25 第一回個展 西脇市市民会館
16 1974 25 兵庫県展 佳作3席 県立近代美術館
17 1974 25 新構造社展 研究賞2席 上野都美術館
18 1974 25 三木合同美術展 招待出品 小野市・西脇市・三木市
19 1974 25 姫路市美術展 入選 姫路市
20 1974 25 西脇市文化賞受賞記念展招待出品 神戸三宮そごう百貨店県民ギャラリー
21 1975 26 東京展
22 1975 26 牛窓スケッチ展 招待出品 茶房みさい
23 1975 26 二人展 招待出品 画廊れんが舎
24 1975 26 兵庫県展 入選 県立近代美術館
25 1975 26 新構造社展 入選 上野都美術館
26 1975 26 西脇市美術展 佳作3席 西脇市
27 1975 26 第二回個展 画廊れんが舎
28 1976 27 アーティストユニオン 東京展 上野都美術館
29 1976 27 アーティストユニオン シスコ展 サンフランシスコ
30 1976 27 アーティストユニオン 日振り島展 四国香川県
31 1976 27 アーティストユニオン 大阪展 大阪府民ギャラリー
32 1976 27 宝塚市展 入選 宝塚市
33 1976 27 芦屋市展 入選 芦屋市
34 1976 27 パッショネート30タブロー展 招待出品 画廊れんが舎
35 1976 27 現代美術オークション展 出品 春秋館画廊  大阪
36 1976 27 書と絵の小品展 招待出品 美津濃スポーツ店2階  西脇市
37 1976 27 4会場使用によるネオアート展 招待出品 姫路市民会館・内海画廊・画廊レンガ舎・ギャラリーDOI
38 1976 27 小野田アートセンター展 招待出品 ギャラリーDOI
39 1976 27 第一回野外展立体展 招待出品 姫路市林田町奥佐美
40 1976 27 姫路市美術展 落選 姫路市
41 1976 27 ハガフォトスタジオ インテリヤディザイン
42 1977 28 アーティストユニオン 東京展 上野都美術館
43 1977 28 宝塚市展 市長賞1席 宝塚市
44 1977 28 芦屋市展 入選 芦屋市
45 1977 28 毎日現代美術展 入選 上野都美術館・京都市美術館
46 1977 28 アーティストユニオン 小品展 高級スーパーいかり
47 1977 28 1000mm展 招待出品 清和画廊  大阪市
48 1977 28 理容しらいし インテリヤディザイン
49 1978 29 宝塚市展 3席 宝塚市
50 1978 29 ジャムセッショングループ展 姫路市民会館展示室 濱田龍・原田哲郎・山下義宣・池内浄治・永田隆子・江尻直毅
51 1981 32 第三回個展 100点展 画廊有方  姫路市
52 1982 33 壁画制作 姫路市立乾幼稚園 姫路市
53 1984 35 第四回個展 スタッグ乗馬クラブ
54 1985 36 第五回個展 ダイエー姫路花北店
55 第六回個展 西脇書店
56 第七回個展 岡之山美術館アトリエ  西脇市
57 第八回個展 但馬信用金庫北支店ロビー  姫路市
58 第九回個展 広島銀行姫路支店ロビー
59 但馬信用金庫展 招待出品 姫路市
60 1994 45 播磨の作家達建築展 選抜展 大阪ガス・ギャラリー
61 1995 46 姫路商工会議所店舗コンクール 第7回優秀賞 ホリオロアール西庄店
62 1995 46 播磨の作家達建築展 選抜展 今村ビル1階
63 1996 47 姫路商工会議所店舗コンクール 第10回審査委員特別賞 豆工房
64 2011 61 熊本県賞 最優秀賞 第16回熊本県木造大型施設コンクール

地熱住宅の内部写真<166-170>

NEDOとは・・・
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の略。民生部門(家庭用、業務用(企業の管理部門など、事務所・ビル、ホテル、百貨店などの第三次産業など))の電力の省エネ推進を目的に住宅・建築物における省エネルギー対策を抜本的に進めるために、(我が国のエネルギー消費量の約1/4を占める)民生部門の省エネ対策を一層強化されることを支援するため補助金を交付している機関。

166 屋根裏部屋
GH166.jpg

167 屋根裏部屋
GH167.jpg

168 屋根裏部屋
GH168.jpg

169 リビング
GH169.jpg

170 玄関
GH170.jpg






月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック