不動産の鉄則&近代建築物


[1132-20171225]
Facebook災害対応や復興活動に使える地図を発表
Facebookは緊急事態が発生した場合、救命や食料品などの物資を一刻も早く配達できるために、ユーザーの位置データを人道援助団体に共有する仕組みを始めたと発表した。ユーザーのプライバシーを守りながら、統合化や匿名化されたデータはUNICEF, 国際赤十字・赤新月運動や国際連合世界食糧計画という自然災害に対応している組織に提供される。

ロケーション・デンシティ(位置密度)地図は災害前、災害中や災害直後に人の位置を表す。ムーブメント地図(移動地図)は数時間にわたる人口の移動パターンを表示する。セーフティチェック地図(安全確認地図)はユーザーがFacebookのSafety Check機能を使って、家族と友達に自分が無事であることを知らせるデータに基づいて作成される。そのデータで「無事」のマークが多い位置と少ない位置を分析し、災害の影響が最も強く、助けを求めている人がいる可能性が高い場所がわかる。Facebookはユーザー位置データの提供に伴い、データを利用する組織がFacebookの個人情報保護基準に従うことを求めている。さらに、同組織との協力しながらデータ共有に関する正式なプロセスの設立を進めているという。将来に、他の組織や政府が地図のデータを使えるようになると計画されている。

☞世界各国で起きている自然災害やテロ事件の時代に友達と家族の安全性を確認できるツールはありがたいだが、ぼう大な個人データの取り扱いには注意が必要かもしれません。

20171213-2.jpg
コーネル大学 【USA】

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の鉄則&近代建築物


[1131-20171214]
セルフリノベーション制度
セルフリノベーション制度は入居者自身のDIYによる内装等の工事を可能とし、原状回復は不要となる。通常の新装住宅よりも安い家賃設定とし、入居前に行う工事期間に相当する分の家賃を免除する。工事に要する費用は入居者負担となる。この制度は住宅供給公社が先駆けて導入し賃貸住宅の地域を巻き込んだ入居促進を図っているようです。
☞貸方と借方の双方のメリットが合うものであれば拡がるのは時間の問題かもしれません。

20171212-1.jpg
イェール大学 【USA】

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の鉄則&近代建築物


[1130-20171212]
コレクティブハウス型のワンルームマンション
入居者同士で交流する住宅のニーズが若者の間で高まる中、居住者がそれぞれの個人部屋を借りたうえで、建物内の共有スペースで交流しながら暮らせるものをいう。空きマンションの再生事業として注目されるかもしれません。

20171212.png
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)【スイス】

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の鉄則&近代建築物


[1129-20171114]
リノベーション中古マンションの方が売れる時代に
不動産経済研究所(東京・新宿)によると、首都圏の2016年の新築マンション価格は5490万円とバブル期並み(91年=5900万円)の高さとのこと。成約件数は3万5772件(同研究所調べ)で、中古マンションが3万7189件(東日本不動産流通機構調べ)と比較可能な1996年以降で初めて新築を上回った。首都圏の新築マンション価格は高止まりしており、価格を敬遠した人たちが中古を選ぶようになった、という風に見える。価格が要因の一つであることは間違いないが、どうもマンション購入者が重要視していることはそれだけではないようだ。中古人気の裏には価格面のメリットはさることながら、リノベーションで全てを自分好みにしたいという需要が高まっていることがある。新築も良い物件がたくさんあるが、確かに既成の内装が全て自分の好み通りになっているというのはなかなかないだろう。

20171114.jpg
南洋理工大学(NTU) 【シンガポール】

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の鉄則&近代建築物


[1128-20171020]
築地市場の土壌汚染
東京都の築地市場の土壌調査(地表近くのガス成分簡易分析)は市場敷地内の約110カ所で実施し、ベンゼンやヒ素、水銀、鉛など23種類の有害物質の濃度を分析、第1段階の地表近くの調査でベンゼンが出てきたことから、地下10メートルを掘削する本格的な調査に移行する中、汚染が確認されれば、調査や対策に年単位の時間がかかる可能性もある。築地の敷地内には、戦後に進駐軍のドライクリーニング工場や給油所、車両整備工場があった為、都は2016年に「汚染のおそれがある」との報告をまとめていた。築地市場は豊洲市場と同様に地面がコンクリートやアスファルトで覆われているため、人の健康や生鮮食品への影響はないとみられるとは言うものの築地の土壌汚染の可能性が高まったことは、小池百合子知事による豊洲市場への移転判断にどう影響するのか・・・?時間ばかりが経過し豊洲市場に早期移転でよかったのでは?ということにもなりかねませんね。

20171020.jpg
シンガポール国立大学(NUS)【シンガポール】

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック